【ひよっこ】コンテスト優勝を伝える雑誌記事内容まとめ 時子のプロフィール、選考理由

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「ひよっこ」9月14日(木)放送分より。

「ツイッギーそっくりコンテスト」の結果を伝える雑誌の誌面に、時子のプロフィールや優勝者の選考理由などが書かれていましたので、書き出してみます。

助川時子さんのプロフィール

赤坂の女性たちの後押しもあり、ついに「ツイッギーそっくりコンテスト」で優勝した時子(佐久間由衣)。コンテストの様子は某雑誌でも特集され、優勝者の時子の姿も写真付きで大々的に報じられました。

以下、雑誌に掲載されていた時子のプロフィールを書き出してみます。

♦助川時子さんプロフィール♦

茨城県・奥茨城村出身
1946年6月4日生まれ(21)
身長172センチ 体重51キロ B80センチ W57センチ H82センチ
<趣味>ショッピング・読書・映画鑑賞・おしゃべり
<特技>どこでも寝ることができる・茨城弁
<チャームポイント>えくぼ
コメント「背が高いのでよく電信柱とか昔は言われましたが、やっと役に立って本当に嬉しいです !」

プロフィールでは、趣味が読書であること(読書姿をほとんど見たことがなく、見栄を張った笑?)、昔は「電信柱」と言われていたこと、どこでも寝ることができることなど、これまで劇中では触れられていなかった時子の素顔が伝えられています。

また、これまで劇中で触れられなかった時子の生年月日も判明。時子は1946年(昭和21年)6月4日生まれとのことで、2017年現在は71歳という計算になります。

時子の選考理由は?

同雑誌の記事によれば、「ツイッギーそっくりコンテスト」には北海道から沖縄まで全国から1,500通の応募があり、このうち最終選考に残ったのは35人とのこと。この時点ですでに40倍を超える高い競争倍率となっています。

最終選考は、ウォーキングなどのアピールタイムとともに、一人三分以内のスピーチも実施。参加者は教師、医者、女優を目指す者など多種多様で、七人の審査員が厳正に審査を行なったとのこと。

その結果、一位は助川時子さん、二位は青木洋子さん、三位は園田美香子さんに決定。

審査員の一人、デザイナーの星野弘子さんによれば選考理由は「意見が分かれたが、小枝のように細く華奢でスタイルも良く、なおかつスピーチが力強かった助川時子さんに最終的に決めました。女優を目指しているということで、これからはどんどん表舞台で頑張ってもらいたいですね」とのこと。

参考記事
【ひよっこ・9月14日】失恋した三男が泣きながら歌った曲「星のフラメンコ」

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑