【ひよっこ】漫画家志望の青年・坪内祐二 演じる浅香航大が「マッサン」で演じた役は

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「ひよっこ」に登場する漫画家志望の青年・坪内祐二についてまとめます。

坪内祐二を演じている俳優の浅香航大は、朝ドラ「マッサン」に出演したことでも知られます。

漫画家志望・坪内祐二(つぼ田つぼ助)

「あかね荘」の住人の一人である坪内祐二は、相棒の新田啓輔(岡山天音)とともに富山県高岡市から上京し、同郷の藤子不二雄に憧れて漫画家を目指す若者です。

祐二のトレードマークは、オレンジのベレー帽に黒い縁のメガネ。啓輔がいつもお腹を空かせている「貧乏キャラ」であるのに対し、祐二は家業の運送業を手伝っているうちに取引先の娘を好きになってしまうなど、恋多き一面がありそうです。ただし、初登場時のナレーション(増田明美)では「みね子の人生にさほどの影響はないと思われる」と言及されており、みね子の恋のお相手にはならなそう。

祐二と啓輔は、二人の名前からもじった「つぼ田つぼ助」というペンネームで活動しています。渾身の作品である「いつかは そら飛べ! ロボッ太くん」はまったく面白くなく、上京から五年が経っても一向に芽が出ません。

元ジャニーズ所属・浅香航大

夢に熱いがちょっとダメ人間。いかにも昭和の古アパートにいそうな青年・祐二を演じているのは、神奈川県出身の24歳の俳優・浅香航大(あさか・こうだい)です。

もともとはジャニーズ事務所に所属し「ジャニーズJr.」などとして活動をしていましたが、現在は「A-Team」(伊藤英明、岩城滉一、吉岡里帆などが所属)という芸能プロダクションに所属しています。

「マッサン」の鴨居英一郎

2011年にフジテレビ系ドラマ「花ざかりの君たちへ〜イケメン☆パラダイス〜2011」に連続ドラマに初出演を果たすと(※このドラマには「ひよっこ」で相棒を演じている岡山天音も出演)、映画「桐島、部活やめるってよ」(2012年・友弘役)、「悪の教典」(2012年・夏越雄一郎役)、「カノジョは嘘を愛しすぎてる」(2013年・矢崎哲平役)などにも出演し、俳優としてキャリアを積んでいきます。

浅香航大にとって大きな転機となったのが、2014年のNHK連続テレビ小説「マッサン」への出演でしょう。同作で堤真一が演じる「鴨居商店」創業者・鴨居欣次郎の息子・鴨居英一郎役を演じると、偉大な父に反発しながらもマッサン(玉山鉄二)の薫陶を受けて酒づくりの道に目覚めていく青年役を好演。残念ながら英一郎は若くして急死してしまうという役どころでしたが、物語に大きな余韻を残し、浅香航大の名もより広く世間に知られるようになりました。

その後、テレビドラマ「永遠のぼくら sea side blue」(2015年・日本テレビ)、「恋の三陸 列車コンで行こう!」(2016年・NHK)、「僕のヤバイ妻」(2016年・フジテレビ系)、「奇跡の人」(2016年・NHKBS)、映画「俳優 亀岡拓次」「桜ノ雨」(2016年)などにも出演。

「マッサン」以来の朝ドラ出演で、再び脚光を浴びることになりそうです。

関連記事
【ひよっこ】漫画家新境地作「21世紀からやってきたタヌキ型ロボット」 それって「ドラえもん」じゃ…
【ひよっこ】漫画家コンビ・つぼ田つぼ助の作品「ロボッ太くん」「恋の初心者」 劇中作画は海老原優氏
【マッサン】鴨居英一郎(欣次郎長男、浅香航大)が登場
【ひよっこ】売れない漫画家・新田啓輔 演じる俳優は岡山天音
【ひよっこ】トキワ荘とあかね荘 時代の違い 昭和41年当時の藤子不二雄はすでに売れっ子
【ひよっこ】東京編追加キャスト、出演者 「あかね荘」「あかね坂商店街」の人々
【ひよっこ】アパート「あかね荘」概要 アパート名由来、住民まとめ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


朝ドラ、NHK番組の見逃しはU-NEXTがおすすめ!
PAGE TOP ↑