【ひよっこ】女優・川本世津子(菅野美穂)は物語後半の重要人物

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「ひよっこ」に、女優の菅野美穂が登場します。

この記事では、物語後半のキーパーソンになるという菅野美穂が演じる人物「川本世津子(かわもと・せつこ)」についてまとめます。多少のネタバレも含みますのでご注意下さい。

「べっぴんさん」に続き連続出演

第14週の予告映像を見て驚いた方も多いことでしょう。前作朝ドラ「べっぴんさん」でヒロインの母・坂東はな役を演じた菅野美穂が、続けて「ひよっこ」にも出演します。

菅野美穂が演じるのは、人気女優「川本世津子」役。チョイ役かと思いきや、この川本世津子は物語後半にかけて、重要な役割を果たす「キーパーソン」になるとのこと。その演技に注目が集まりそうです。

すずふり亭に来店 女優・川本世津子

みね子(有村架純)と向島電機・乙女寮のメンバーが久々に再会した、すずふり亭での同窓会。店の定休日を利用して開かれた会合でしたが、その賑やかさを営業中と勘違いしたのか、スター女優・川本世津子の一行がふらりと店に入ってきます。

川本世津子といえば、子役時代から第一線を走り続ける大物女優で、現在35歳とのこと。すずふり亭の向かいにある「トキワ堂薬局」にも世津子を起用したノド薬「ノドナオール」のポスターが貼り出されており(7月7日放送で登場)、売れっ子女優であることがわかります。

女優志望の時子(佐久間由衣)は、入店してきた世津子の姿に気が付くとパニックに陥りますが、世津子はみね子、時子が話す茨城弁に興味津々の様子で話しかけていきます。

みね子にとって重要な人物に

「女優繋がり」で時子と近付きそうにも思える世津子ですが、意外にも今後、みね子と不思議な縁が発生していきます。

偶然の出会いからしばらくの後、世津子はある場所で困り果てていたみね子を助け、それがキッカケで二人は不思議な縁で結ばれていくことになります。この世津子との出会いが、みね子の人生に大きな波風を立てていきます。

大女優と、田舎娘の不思議な縁。世津子の登場により、ゆったりと動いていた物語は大きく展開していくことになります。その先には、父・実との再会、そしてみね子の幸せがあるのでしょうか。今後が楽しみです。

鈴鹿ひろ美と天野アキの関係性を彷彿?

「まだ何者でもない」少女と、「すでに何者かになっている」大女優との出会い…。ヒロインと大女優との「不思議な縁」といえば、有村架純も出演していた朝ドラ「あまちゃん」の鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)と天野アキ(能年玲奈)の関係性が思い起こされます。

これまで閉じた世界の中で身近な人々との交流がゆったりと描かれてきた「ひよっこ」ですが、物語のキーパーソン・世津子が起爆剤となり、物語は一気に加速していきそうです。その先に、一時的に放置されていた「実の失踪」を巡るミステリーの顛末が描かれそうな予感も。

なお、菅野美穂は「ひよっこ」で脚本を担当する岡田惠和氏が手がけた朝ドラ「ちゅらさん」にも出演経験があり、今回の出演も、岡田氏の強い希望があって実現したとのことです。

関連記事
【ひよっこ】あかね荘見取り図、部屋割り推移 世津子がみね子の部屋に移る
【ひよっこ】川本世津子の金銭スキャンダルとは 「週刊巷説」記事内容から読み解く
【ひよっこ・第14、15週】乙女寮メンバーが再登場!時子があかね荘に…?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑