【ひよっこ・7月5日】みね子を巡り、島谷純一郎とヒデの三角関係の可能性も浮上…?

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「ひよっこ」7月5日放送回では、ついに慶大生・島谷純一郎(竹内涼真)がみね子(有村架純)に対して恋心を抱いていることが明かされました。

基本的には今後、島谷純一郎がみね子の「恋のお相手」になっていくものと予想されますが、コックのヒデ(磯村勇斗)の様子も少し変(?)であり、みね子を巡り「三角関係」に発展する可能性も出て来たような…?

男の勘?やたら敏感なヒデ

7月5日(水)放送回では、慶大生・島谷純一郎が赤飯弁当づくりの作業中にみね子を見つめる場面、それに、ビートルズのチケットを入手した純一郎がそれをみね子に渡せずにいた様子などが描かれました。

こうした純一郎の異変を素早く察知したのが、純一郎とも仲が良いコックの「ヒデ」こと前田秀俊でした。

ヒデは、みね子を見つめてぼーっとしている純一郎にすぐに気がつき「どした?」と声を掛けたほか、みね子の気持ちを慮ってチケットを渡せずにいた(一生懸命に正規のルートでチケットを得ようとしていたみね子に対し、自分はコネであっさり手に入れたことを恥じていた)純一郎の態度を見て、すぐに純一郎の恋心に気がつきます。

ヒデ「好きなんだ、みね子ちゃんのこと」
純一郎「…うん(うなづく)」
ヒデ「へえ(笑いながら複雑な表情でうなずく)」

ヒデが敏感に察知した理由は…?

他に誰も気がついていないのに、ヒデだけがいち早く純一郎の気持ちに気がついた理由として、以下のようなことが考えられそうです。

①ヒデもみね子のことが好きで、みね子を気にして見ている
②ヒデはむしろ純一郎のことが好き
③ヒデは仕事が出来る男なので、他人の気持ちがすぐに読み取れてしまう

ヒデの本心は…

向島電機時代、給料が下がり落ち込んだ様子で来店したみね子をしきりに気にしていたヒデ。すずふり亭に就職が決まったみね子を、「自分の仕事量が減るから」という現実的な理由で大歓迎したヒデ。

もしかしたらヒデは、みね子がすずふり亭で働き始めたことを異性として嬉しく思っていたのかも知れませんが、現在のところ、その本心は隠されたままです。

今後の物語的にはイケメン二人がヒロインを巡って争う、なんていうのが盛り上がるのかとも思われますが、果たしてヒデの本心は…。

関連記事
【ひよっこ・7月14日】ヒデがみね子に恋心を抱いていたことがほぼ確定
【ひよっこ】みね子の「恋人」「結婚相手」候補は…?今後、さまざまな異性に出会っていく
【ひよっこ】すずふり亭見習いコック「ヒデ」前田秀俊 演じる俳優は磯村勇斗
【ひよっこ】慶應大学生・島谷純一郎は運命の相手?演じる俳優は竹内涼真

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


PAGE TOP ↑