【ひよっこ】三男の兄・角谷太郎 演じる俳優・尾上寛之 「カーネーション」など朝ドラでお馴染み

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「ひよっこ」に登場する角谷三男の兄・角谷太郎についてまとめます。

また、太郎を演じる俳優・尾上寛之(おのうえ・ひろゆき)についてもあわせてまとめます。

エラそう?三男の兄・太郎

ヒロインの幼馴染みである角谷三男(泉澤祐希)は、奥茨城では比較的大きなリンゴ農家の生まれ。三男は三男坊であり、本人の意志に関わらず、高校卒業後は東京に上京して就職することが決まっています。

そんな三男にとって少し煙たい存在なのが、兄・太郎です。

太郎は奥茨城村の青年団長を務めるなど、村内でも存在感のあるしっかり者。ただし、古い農家ならではの兄弟の序列があるのでしょうか、太郎は三男のことをどこか下に見るようなところがあり、三男の話をまともに聞いてくれないのでした。

三男が村で聖火リレーをすることを提案したときも、太郎は一度はこれを否定します。しかし、ひとたびリレーをやると決めると、これをとことん盛り上げるために太郎は積極的に動いてくれることになります。三男にはない持ち前の政治力、コミュニケーション能力を駆使し、村全体を巻き込んでイベントを開催させるに至るのです。

俳優・尾上寛之 「ひあの」「カーネーション」

典型的な兄貴肌の角谷太郎を演じるのは、大阪府茨木市出身の31歳の俳優・尾上寛之です。

尾上は、岩松了、オダギリジョー、小林稔侍ら個性派俳優が所属する事務所「鈍牛倶楽部」に所属しています。

▼朝ドラ「カーネーション」では、ヒロイン・糸子の一家と交流がある安岡家の次男・勘助役を演じた。

1994年にNHK連続テレビ小説「ぴあの」の子役(柴田正樹役)で俳優レギュラーデビューを果たすと、その後も朝ドラ「ふたりっ子」(1996年・佐藤役)、「甘辛しゃん」(1997年草野役)、「てるてる家族」(2003年・森下一平役)、「芋たこなんきん」(2006年・徳永清志役)、「カーネーション」(2011年・安岡勘助役)など多くの作品に出演しています。

また、NHK大河ドラマ「龍馬伝」(2010年・伊藤俊輔役)、TBSドラマ「ROOKIES」(2009年・今岡忍役)などへの出演のほか、映画にも「スクールウォーズ・HERO」「パッチギ!」「愛のむきだし」「魁!!男塾」など多数の作品に出演しています。

関連記事
【ひよっこ】高子と太郎(三男の兄)に恋の予感 リンゴのにおい
【ひよっこ】三男の父・角谷征雄 演じるのは俳優・朝倉伸二

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


PAGE TOP ↑