「いだてん」ピエール瀧が逮捕 今後の出番、出演予定シーンは?

スポンサードリンク

NHK大河ドラマ「いだてん」にレギュラー出演をしていた俳優のピエール瀧が、麻薬取締法違反により逮捕されたことがわかりました。

この記事では、ピエール瀧が演じていた足袋屋「播磨屋」の店主・黒坂辛作の役柄と今後予定されていた出番などをまとめます。

近所の足袋屋「播磨屋」 金栗と交流

東京・大塚にある「播磨屋」は、主人公・金栗四三(中村勘九郎)が通う東京高等師範学校の近所にある昔ながらの足袋屋です。四三が本格的に長距離競技に携わるようになると、四三は播磨屋の足袋をランニング用として愛用するようになります。

「播磨屋」は日常用途の昔ながらの足袋づくりが専門。店主の黒坂辛作(ピエール瀧)は四三との出会いによりスポーツ用足袋の開発に携わるようになり、長年に渡り四三と二人三脚でマラソン足袋づくりに邁進していきます。

逮捕直前の回にも出演

ピエール瀧が逮捕される直前の第10話(3月9日放送)では、オリンピックの地・ストックホルムにいる四三から辛作宛に電報が送られ、追加の足袋製造を依頼する場面が描かれました。

四三と辛作の関係は今後、ますます深まっていく予定でした。ざっと今後の放送で黒坂辛作が関わるはずだったストーリーをまとめます。

第13話あたり…辛作が初高座に上がる孝蔵のために着物と足袋をあつらえる
第16話あたり…四三が寄宿舎を出て播磨屋の二階で下宿を始める
第17話あたり…神奈川師範の教員となった四三が辛作とともに足袋の改良に没頭

第16話付近では四三が播磨屋に転がり込み、今まで以上に辛作と関わっていく展開が予定されていました。つまり、ピエール瀧の出番はこれからが本番だったわけです。

重要人物だった黒坂辛作

黒坂辛作は実在の人物であり、四三との長年の交流を通し、「播磨屋」を一介の足袋屋から「ハリマヤシューズ」「カナグリシューズ」を製造する有力シューズメーカーにまで発展させた人物です。ドラマ上でも今後、オリンピックに繰り返し挑戦し、やがて箱根駅伝の創設にも関わることになる四三と長年に渡り密接に関わっていく予定でした。

辛作はストーリー上の重要度としては、主役の四三や嘉納治五郎(役所広司)、古今亭志ん生(ビートたけし)、春野スヤ(綾瀬はるか)らに続く存在。

すでに3ヶ月先の放送分まで撮影は進んでいたとのことで、ピエール瀧の出演部分に関しては差し替えなどの措置が行われる可能性もあります。

【いだてん】足袋屋・ハリマヤ(播磨屋) 創業地は東京・茗荷谷(文京区大塚)付近

▼人気だったTBSドラマ「陸王」や朝ドラ「とと姉ちゃん」「あまちゃん」もこれでお蔵入りでしょうか…。
ピエール瀧「いだてん」「陸王」 役柄の共通点、違いは?
ピエール瀧が出演していたNHKドラマ(大河ドラマ、朝ドラなど)まとめ
【とと姉ちゃん】ピエール瀧が演じる板前・森田宗吉 「あまちゃん」大将・梅頭の再来?

(追記:3月13日夕方)NHKオンデマンド配信停止作品も

2019年3月13日夕方の時点で、NHKオンデマンドの「とと姉ちゃん」「あまちゃん」「龍馬伝」「55歳からのハローライフ」全話が配信停止になりました。また、「いだてん」のうちピエール瀧が出演していた第4回〜8回、10回も配信停止の措置が取られています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


朝ドラ、NHK番組の見逃しはU-NEXTがおすすめ!
PAGE TOP ↑