NHK「今ここにある危機とぼくの好感度について」第2話ロケ地 スナックあけみ、喫茶店

NHKドラマ「今ここにある危機とぼくの好感度について」第2話に登場するみのりの母の店「スナックあけみ」などの撮影地、ロケ地についてまとめます。

みのりの母の店「スナックあけみ」

論文不正告発の失敗の末に帝都大学のポスドクの座を辞した木嶋みのり(鈴木杏)は、しばらくの間、母のお店である「スナックあけみ」で働くことになります。

この「スナックあけみ」の外観の撮影は、東京都豊島区高田にある「珈琲専門店 蜜蜂」の店頭にセットが組まれて行われているようです。

珈琲専門店 蜜蜂は東京・高田馬場の繁華街のはずれ、神田川のすぐ近くにあるお店。ご夫婦が切り盛りする喫茶店で、サイフォン式で淹れるコーヒーが美味しいと評判のようです。

店内の風景は「スナックあけみ」とは異なるため、澤田教授らが乱痴気騒ぎした決起集会のシーンなどは別の場所で撮影されているようです。


東京・大森の「珈琲亭ルアン」も登場

第2話の冒頭、みのりが新聞部の学生と話し込んでいた喫茶店は東京都大田区大森北にある「珈琲亭ルアン」で撮影が行われているようですね。「珈琲亭ルアン」は昭和を感じる老舗の喫茶店です。

▼関連記事:帝都大学のキャンパスのシーンは日本大学文理学部(世田谷区)などで行われています。
ドラマ「今ここにある危機とぼくの好感度について」ロケ地・帝都大学 撮影は日大文理学部、自由学園明日館ほか

スポンサーリンク


PAGE TOP ↑