NHKドラマ10「ミス・ジコチョー」原作、脚本家は?

スポンサードリンク

2019年10月18日(金)から放送が始まるNHKドラマ10「ミス・ジコチョー~天才・天ノ教授の調査ファイル~」。

この記事では「ミス・ジコチョー」に原作作品があるのか、そして、ドラマの脚本を担当する脚本家をまとめます。

「ミス・ジコチョー」はオリジナル作品!

「トクサツガガガ」「昭和元禄落語心中」「これは経費で落ちません!」など、人気マンガを原作とした作品が目立つ近年のNHKドラマ10。

新ドラマ「ミス・ジコチョー」は、さまざまな事故を第三者の目で調べる「事故調査委員会(ジコチョー)」をテーマにした作品となります。いかにも原作がありそうに思えますが、今回の作品は人気脚本家がタッグを組み創作された「オリジナルストーリー」になるとのことです。

「失敗学」がドラマ創作の根底に

ドラマの主人公は、天才工学者の天ノ真奈子(松雪泰子)。彼女が日々研究しているという「失敗学」は、東京大学名誉教授・畑村洋太郎氏が提唱している学問「失敗学」がモデルとなっています(命名者は立花隆氏)。この畑村氏が、「ミス・ジコチョー」劇中の「失敗学監修」を担当するとのこと。

「失敗学」は、起こってしまった失敗を「誰かのせい」と責任追及して終わらせるのではなく、原因などをしっかりと分析し、「失敗は成功の母」として肯定的に利用していくことを提唱しています。

「ミス・ジコチョー」に原作はないものの、畑村氏の著書「失敗学のすすめ」などの内容が色濃くストーリーに反映されていくことでしょう。

NHKドラマ「ミス・ジコチョー」主要登場人物、出演者まとめ

「半沢直樹」「下町ロケット」「おっさんずラブ」…超人気脚本家がタッグを組む

「ミス・ジコチョー」の脚本を共同で担当するのは、八津弘幸、徳尾浩司、吉田真侑子の三氏。いずれも人気ドラマでの脚本を手掛けています。

八津弘幸(やつ・ひろゆき)氏はTBS日曜劇場「半沢直樹」「ルーズヴェルト・ゲーム」「下町ロケット(第1シリーズ)」「陸王」といった人気池井戸作品シリーズのほか、テレビ朝日「家政夫のミタゾノ」、単発放送ながら高い評価を得たTBS「赤めだか」など、数々の人気ドラマの脚本を担当しています。

徳尾浩司(とくお・こうじ)氏は、テレビ朝日「おっさんずラブ」(映画版も)、TBS「チア☆ダン」、NHK「スリル!〜赤の章・黒の章〜」、映画「走れ!T校バスケット部」などの人気ドラマの脚本を担当しています。「おっさんずラブ」はTwitterの世界トレンドランキングで1位に登場するなど、特にネット界隈で熱狂的な人気を獲得していましたね。

また、吉田真侑子(よしだ・まゆこ)氏は、TBS「陸王」「下町ロケット(第2シリーズ)」、テレビ朝日「ヒモメン」などに共同脚本として参加しています。

「失敗学のすすめ」が高い評価を得ている畑村氏、そして、超人気ドラマを多数手がけてきた脚本家が手を組んで作り上げるオリジナルストーリーは、近年続いた「原作付きドラマ」とは違う、ぶっ飛んだ面白さを生み出してくれるかもしれません。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


朝ドラ、NHK番組の見逃しはU-NEXTがおすすめ!
PAGE TOP ↑