ドラマ「#家族募集します」主な出演者・キャスト、登場人物まとめ

TBS系金曜ドラマ「#家族募集します」主な出演者・キャスト、登場人物をまとめます。

主人公の家族

主人公・赤城俊平とその家族。俊平、みどり、陽の3人家族で幸せに暮らしていたが、みどりが取材中の不慮の事故で亡くなってしまい、家族のかたちが大きく変わってしまった。

主人公・赤城俊平(重岡大毅)

この物語の主人公。絵本出版社「エッグプラント」で働き、5歳になる一人息子・陽を育てている28歳のシングルファザー。3ヶ月前に絵本作家だった妻・みどりを亡くし、つらい気持ちを押し殺して子育てと仕事に奮闘している。偶然再会した幼なじみの蒼介がSNSに投稿した「#家族募集します」という突飛な投稿に巻き込まれ、あれよあれよと不思議な共同生活を始めることになる。

俊平の息子・赤城陽(佐藤遙灯)

俊平とみどりの一人息子・陽(はる)。パパとママが大好きな甘えん坊で人見知り。俊平が幼い頃から妄想していた自作の戦隊モノ「トリプルファイブ」の絵を描くのが大好き。母のみどりが亡くなったことをまだ知らされておらず、時々「ママはどこにいるの?」と泣き出してしまう。

※子役について詳しくは以下の記事にまとめています。
ドラマ「#家族募集します」陽、雫、大地を演じる子役(佐藤遙灯、宮崎莉里沙、三浦綺羅)まとめ

▼左から雫役の宮崎莉里沙、陽役の佐藤遙灯、大地役の三浦綺羅。

俊平の妻・赤城みどり(山本美月)

俊平の亡き妻。絵本作家としてデビュー作「みんなでわらおう」を出版し未来への希望に燃えていたが、ヨーロッパの取材旅行中に事故死をしてしまう。明るく優しく愛情あふれる女性であり、赤城家ではみどりがいなくなったことを未だに受け入れられずにいる。

「にじや」関係者、共同生活者

東京・下町にあるお好み焼き屋「にじや」。従業員の蒼介が、この店の二階の空きフロアで不思議な共同生活を提案する。

俊平の幼なじみ・小山内蒼介(仲野太賀)

「にじや」で住み込みの店員として働く31歳。店の副収入にしようと二階の空きフロアでの共同生活者を募集していたところ、学童保育時代の幼なじみ・俊平と偶然道端で再会。ワンオペ子育ての大変さを目の当たりにすると、SNSに「#家族募集します」を投稿し、不思議な共同生活を開始させる。行動力があり面倒見が良い人情味あふれる性格だが、余計なお節介も多め。

シングルマザー・桃田礼(木村文乃)

小学校の教師をしながら5歳の娘・雫を育てている29歳のシングルマザー。シングルであることを言い訳にしたくない気持ちが強く、親にも頼らずにワンオペ育児を続けている。とはいえ急な仕事で家を空けることもあり、雫の預け先に困っていたところに蒼介の「#家族募集します」のSNSメッセージを発見。一度だけの利用と思い蒼介らと距離を置いていたが、次第に不思議な共同生活に巻き込まれていく。

礼の娘・桃田雫(宮崎莉里沙)

5歳になる礼の一人娘。ママに甘えたい盛りだが、幼心に忙しいことを察しており、空気を読んで我慢している。礼の急な仕事で急遽「にじや」に預けられ馴染めずにいたが、同い年の陽と仲良くなったことで少しずつ心を開いていく。

シングルマザー・横瀬めいく(岸井ゆきの)

6歳の息子・大地を女手ひとつで育てながら、シンガーソングライターになる夢を追いかけている27歳。蒼介の「#家族募集します」の投稿を見て「にじや」に転がり込んでくる。自由奔放な性格で言いたいことをズバズバ言うため、蒼介や礼と対立することも。がさつで面倒くさがりの性格だが、本気を出せば「やれば出来る子」だと自称している。

めいくの息子・横瀬大地(三浦綺羅)

6歳になるめいくの一人息子。ゲームをしていれば黙ってママの帰りを待てる大人びた子。周囲には自立しているそぶりを見せているが、本当はママのことが大好き。歌が上手いママが自慢で、服装もママ譲りの派手さ。

「にじや」店主・野田銀治(石橋蓮司)

東京の下町・おかず横丁の路地裏でお好み焼き屋を経営している。店員の蒼介からは「師匠」と慕われている。蒼介は店の経営の足しにしようと、2階の空きフロアをシェアハウスにすることを提案。銀治は興味なさそうにしているが、まんざらでもない様子。口数は少ないが面倒見がよく、みんなのおじいちゃん的存在。

銀治の??(ヒコロヒー)

「にじや」の店内に飾られた写真に映る、エプロンを着た女性。かつて銀治と一緒に店を切り盛りしていたと見られるが、その正体は現在のところ不明。

銀治の??(勝倉けい子?)

「にじや」の店内に飾られた写真に映る、エプロンを着た高齢女性。かつて銀治と一緒に店を切り盛りしていたと見られるが、その正体は現在のところ不明。

その他主要登場人物

「エッグプラント」社長・枕崎由多加(小松和重)

俊平が務める絵本出版社「エッグプラント」の社長。俊平の良き理解者であり、子育てと仕事に奔走する俊平を常に気にかけている。生前のみどりのことをよく知る人物であり、みどりの絵本を多くの人に読んでもらいたいという俊平の気持ちを応援してくれている。同時にみどりの才能を高く評価しており、いち出版人としてみどりの本を売りたいと考えている。

「エッグプラント」社員・伊野三鈴(丸山礼)

「エッグプラント」の社員で、俊平の後輩にあたる。俊平とは隣の席同士であり、シングルファーザーとして奮闘する俊平を理解し、手助けしたいと見守っている。明るい性格で、俊平にもたびたびツッコミを入れつつ職場を和ませる存在。休憩中には美顔ローラーが手放せない。

「本郷坂第一小学校」教師・中里隆志(金子大地)

礼が働く「本郷坂第一小学校」の後輩教師。仕事をバリバリと行う礼を尊敬し、密かに憧れている。愛想が良い好青年だが、まだまだ頼りない若手であり、例が一人で子育てしていることにも全く気がついていない様子。

 
 
 

 

 

 

 

 
 
 
 
 

 

 

 
 

 

 

 
 
 

 

 

 

 

 
 

 

 

金子 大地 / Daichi Kaneko(@daichikaneko_official)がシェアした投稿

 

 

「はづき保育園」保育士・佐山圭太(福山翔大)

陽が通う「はづき保育園」の保育士。保育士としての経験は浅いが、親しみやすい性格であり、園児や親から慕われている。

その他出演者

・にじや常連客(しのへけい子)
・にじや常連客(黒田浩史)
・俊平の少年時代(竹内一加)
・蒼介の少年時代(土田諒)
・社員(大槻千草)

スポンサーリンク


PAGE TOP ↑