「#家族募集します」礼の夫・三沢芳樹 俳優・橋本淳が演じる

TBS系金曜ドラマ「#家族募集します」第4話から登場している桃田礼の夫・三沢芳樹についてまとめます。

三沢芳樹を演じているのは、NHK朝ドラ「ちりとてちん」「エール」などへの出演で知られる俳優・橋本淳(はしもと・あつし)です。

礼が別れた夫 三沢芳樹

シェアハウス「にじや」のメンバーである桃田礼(木村文乃)は、「家族のあり方」の方向性の違いにより、夫と別れてシングルマザーの道を選んでいます。

礼の夫・三沢芳樹は、自ら会社を立ち上げて忙しい日々を送る仕事人間。当初は自分にないものを持つ芳樹のことを尊敬していた礼でしたが、娘の雫(宮崎莉里沙)のことを最優先に考えず仕事に没頭する芳樹の様子を見て、家族観の違いを感じてしまい、別れを切り出しています。

何よりも雫のことを第一に考えての決断でしたが、礼は未だに芳樹と別れたことが本当に正しかったのか、悩んだまま。最終決断を出来ず、籍も入れたままなのだとか。

俳優・橋本淳 「ちりとてちん」「マジレンジャー」

礼の夫・三沢芳樹を演じているのは、東京都出身の34歳の俳優・橋本淳(はしもと・あつし)です。中学時代から芝居に興味を持ち、高校時代に芸能事務所のオーディションに挑戦。現在の事務所であるアミューズに合格し、芸能活動をスタートさせています。

2004年にテレビドラマ「WATER BOYS2」で生徒・橋野役で俳優デビューをすると、2005年にはテレビ朝日系特撮ドラマ「魔法戦隊マジレンジャー」の主演・小津魁/マジレッド役に大抜擢。翌2006年にもテレビ東京系ドラマ「半分の月がのぼる空」で主演・戎崎裕一役を演じるなど、順調に経験を重ねていきます。

2007年にはNHK連続テレビ小説「ちりとてちん」でヒロインの弟・和田正平役でレギュラー出演。広くお茶の間に知られるようになっています。

その後もNHK大河ドラマ「軍師官兵衛」(2014年)の戦国大名・宇都宮朝房役、NHKドラマ「悦ちゃん〜昭和駄目パパ恋物語〜」(2017年)の米屋の青年・長谷川次作役、「これは経費で落ちません!」(2019年)の専務・円城格馬役、フジテレビ系ドラマ「刑事ゆがみ」(2017年)の刑事・町尾守役などで出演。

2020年のNHK連続テレビ小説「エール」でも、いけ好かない慶応大学応援部団長・御園生新之助役を好演しています。

舞台でも白井晃、ケラリーノ・サンドロヴィッチ、宮本亜門はじめ多数の演出家の作品に出演。「ヒストリーボーイズ」で第22回読売演劇大賞、城山羊の会「トロワグロ」で第59回岸田國士戯曲賞、「クレシダ」で第51回紀伊國屋演劇賞、「キネマと恋人」で第51回紀伊國屋演劇賞、第68回読売文学賞を受賞するなど、高い評価を獲得しています。

スポンサーリンク


PAGE TOP ↑