ドラマ「危険なビーナス」医者・矢神牧雄 演じる俳優・池内万作は伊丹十三、宮本信子の息子

スポンサードリンク

TBS日曜劇場「危険なビーナス」に登場する矢神牧雄の人物像についてまとめます。

矢神牧雄を演じるのは、映画監督・伊丹十三、女優・宮本信子の息子である俳優・池内万作です。

奇人変人?研究者・矢神牧雄

矢神牧雄(やがみ・まきお)は、矢神家先代当主・矢神康之介と後妻との間の子。現在の当主・矢神康治の異母弟にあたります。

原作によれば、伯朗は子供の頃から牧雄のことを不気味に思っており、その奇人変人ぶりは現在でも変わりません。

牧雄は大学の医学部神経生理学科に所属する研究者で、脳の様々なメカニズムを解明するのがライフワーク。ひとたび研究の話を始めると周囲の状況が見えなくなり、猛スピードで独りよがりに語り続けます。

社交性がまったくなく研究一筋の牧雄ですが、なぜか矢神家の遺産に対しては異常に固執し「あれはわたしのものだ!」と叫んで譲りません。お金にまったく興味がなさそうな牧雄がなぜ遺産に固執するのか…。ミステリーの核心に迫る秘密を牧雄が握っていそうです。

俳優・池内万作 伊丹十三、宮本信子の子

変わり者の研究者・矢神牧雄を演じるのは、東京都出身の48歳の俳優・池内万作(いけうち・まんさく)です。

映画監督の伊丹十三(「マルサの女」「ミンボーの女」など)を父に、女優の宮本信子(「マルサの女」「あまちゃん」など)を母に、映画監督の伊丹万作を祖父に持つ、芸能一家に生まれています。

高校時代にアメリカに渡り現地の高校に編入すると、卒業後はロンドンに渡りリーストラスバーグロンドン校で作劇と演技を学び帰国。1995年に映画「君を忘れない」でデビューをすると、俳優として長年活動を続けています。

NHK朝ドラ「あぐり」(1997年・福沢南役)、「どんど晴れ」(2007年・西田一敏役)や、NHK大河ドラマ「利家とまつ〜加賀百万石物語〜」(2002年・豊臣秀次役)、「龍馬伝」(2010年・三条実美役)などに出演経験があるほか、TBSドラマ「こちら本池上署」では刑事二課巡査のノンキャリア・相馬俊彦役で全シリーズ(第1〜第5シリーズ)に渡り出演。

ほかにもフジテレビ「チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮」(2014年・小幡剣役)、NHK「デザイナーベイビー」(2015年・近森博役)など、多数の人気ドラマに出演をしています。

俳優業の傍らでブログを始めヤフー不動産でのコラム連載など、執筆活動も行うなど、多彩な一面も見せています。

▼現在は生活の拠点を東京から神奈川西部の海沿いの街に移し、ゆったりと暮らしている様子。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑