大河ドラマ「麒麟がくる」(前半)主要登場人物、出演者キャストまとめ

スポンサードリンク

2020年のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の主要出演者(配役、キャスト)、登場人物をまとめます。また、各回に登場するゲスト出演者もまとめます。

※この記事は随時追記をする予定です。

美濃

明智家

主人公・明智光秀 / 十兵衛(長谷川博己)(※幼少期・五十嵐陽向)

光秀正室・煕子(木村文乃)
光秀の母・牧(石川さゆり)
光秀の父・明智光綱(尾関伸次)
光秀の叔父・明智光安(西村まさ彦)
光安の嫡男・明智左馬助 / 秀満(間宮祥太朗)

明智家家臣・藤田伝吾(徳重聡)
明智家家臣・佐吉(植木祥平)
明智家家臣・与八(鈴木信二)

明智家家人・木助(水野智則)
明智家の下女・常(生越千晴)

【麒麟がくる】明智城主・明智光安 俳優・西村まさ彦が演じる
【麒麟がくる】明智家家臣・与八 演じる俳優は鈴木信二 元JAE看板俳優
【麒麟がくる】小見の方(斎藤道三正室) 女優・片岡京子が演じる

斎藤家

美濃の守護代・斎藤道三 / 利政(本木雅弘)
道三の正室・小見の方(片岡京子)
道三の側室・深芳野(南果歩)
道三の長男・斎藤義龍 / 高政(伊藤英明)
道三の娘・帰蝶 / 濃姫(川口春奈)
道三の次男・斎藤孫四郎(長谷川純)
道三の三男・斎藤喜平次(犬飼直紀)

道三の家臣・稲葉良通 / 一鉄(村田雄浩)

【麒麟がくる】斎藤家の人物相関図 土岐家との関係まとめ 義龍、孫四郎、喜平次は誰の子?
【麒麟がくる】信長正室・帰蝶(濃姫) 女優・川口春奈が演じる
【麒麟がくる】斎藤義龍 / 高政(伊藤英明) 父・道三(利政)との確執の末に…
【麒麟がくる】道三次男・斎藤孫四郎 俳優・長谷川純(元ジャニーズJr.)が演じる
【麒麟がくる】道三三男・斎藤喜平次 俳優・犬飼直紀が演じる

土岐家

美濃の元守護・土岐頼芸(尾美としのり)
美濃の守護、帰蝶の最初の夫・土岐頼純(矢野聖人)

【麒麟がくる】土岐頼芸(ときよりあき) 俳優・尾美としのりは「転校生」「あまちゃん」で知られる

その他

日運和尚(有福正志)

尾張

織田家(織田弾正忠家)

信秀の嫡男・織田信長(染谷将太)
戦国大名・織田信秀(高橋克典)
信秀の継室・土田御前(檀れい)
信長の子・奇妙丸(加藤矢紘)…のちの織田信忠

信長の弟・織田信勝(木村了)
信長の叔父・織田信康(清家利一)
信長の叔父・織田信光(木下ほうか)

▼織田家の家臣たち
平手政秀(上杉祥三)
柴田勝家(安藤政信)
前田利家(入江甚儀)
佐々成政(菅裕輔)
簗田政綱(内田健司)
中条家忠(野添義弘)
毛利長秀(竹井亮介)
佐久間右衛門尉信盛(金子ノブアキ)
毛利新介(今井翼)
佐々隼人正(内浦純一)
服部小平太(池田努)

尾張の人々

守護代(清洲織田氏)・織田彦五郎(梅垣義明)
尾張の下層農民・藤吉郎(佐々木蔵之介)

越前

朝倉家

戦国大名・朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)

足利将軍家

(京)
13代将軍・足利義輝(向井理)
将軍奉公衆・三淵藤英(谷原章介)
将軍奉公衆・細川藤孝 / 幽斎(眞島秀和)

(大和)
義輝の弟・足利義昭(滝藤賢一)

朝廷

関白・近衛前久(本郷奏多)

京の人々

若き関白・近衛前久(本郷奏多)
医者・望月東庵(堺正章)
東庵の助手・駒(門脇麦)(※幼少期・田中乃愛)
戦国大名・松永久秀(吉田鋼太郎)
室町幕府管領・細川晴元(国広富之)
細川晴元家臣・三好長慶(山路和弘)
鉄砲づくり職人・伊平次(玉置玲央)

「麒麟がくる」ヒロイン 医者の助手・駒 演じる女優は門脇麦【まれ・愛の渦】
【麒麟がくる】医者・望月東庵は実在しない?明智光秀と医術との接点に

駿河

今川家

戦国大名・今川義元(片岡愛之助)

義元の軍師・太原雪斎(伊吹吾郎)
今川家家臣・鵜殿長照(佐藤誓)
今川家家臣・朝比奈親徳(山口馬木也)

三河

松平家

後の天下人・徳川家康(風間俊介)
家康幼少期・松平竹千代(岩田瑠聖)
家康少年期・松平元信(池田優斗)

家康の父・松平広忠(浅利陽介)
家康の母・於大の方(松本若菜)
家康の伯父・水野信元(横田栄司)
家康の祖母・源応尼/華陽院(真野響子)

越前

朝倉家

戦国大名・朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)

その他

旅芸人一座の女座長・伊呂波太夫(尾野真千子)
三河出身の農民・菊丸(岡村隆史)
駒の患者・芳仁(ベンガル)

【麒麟がくる】菊丸(三河の農民・関西弁)は何者?岡村隆史は大河ドラマ初出演

▼第1話登場人物

堺の刀鍛冶・辻屋宗次郎(大塚明夫)
三上(本田大輔)
質屋店主・牛蔵(綾田俊樹)
野盗の頭領(本宮泰風)
長井秀元(春田純一)
竹造(やべきょうすけ)
ミキ(安藤聖)

▼第2話登場人物

長井秀元(春田純一)
千明季光(金井良信)
毛利十郎(佐藤誠)
若侍(湯浅浩史)
織田家臣(タイソン大屋)

▼第3話登場人物

侍女(今野杏南)
近習(森一生)
護衛の若侍(石田尚巳)
武士(白畑真逸)
幼少期の駒(田中乃愛)

▼第4話登場人物

日運(有福正志)

▼第5話登場人物

伊平次(玉置玲央)
タケ(町田マリー)
鶴平(三上市朗)
若い鍛冶屋(花戸祐介)
警固の長(近藤強)

▼第6話登場人物

伊平次(玉置玲央)
タケ(町田マリー)
貞永久四郎(二橋進一)
公家(酒井康行)
祐筆(ミョンジュ)

▼第7話登場人物

弥平(ウダタカキ)
明智家近習(横山恒平)
斎藤家若侍(南圭介)
行商人(佐藤正浩)
幼い娘(金子乃彩)

▼第9話登場人物

茶の振売(浜津隆之)
初老の男(細井学) 太助(久保田武人)
平太(きづき)
末吉(松川大祐)

▼第11話登場人物

長井秀元(春田純一)
宿の主(川守田政人)
薬売り(松澤仁晶)
山伏(野村たかし)

▼第12話登場人物

公卿(小浦一優)
佐久間盛重(室山和廣)
若い医師(鳥谷宏之)
鷹匠(やべ けんじ)
道三の近習(近藤フク)

▼第13話登場人物

斎藤家近習(湯浅浩史)
鷹匠(見寺剛)
深芳野の侍女(鈴木たまよ)
頼芸の家臣(西村正明)

▼第14話登場人物

薬種問屋の男(坂元健児)
荒くれ者の男1(児玉純一)
荒くれ者の男2(鎌田栄治)

▼第15話登場人物

斯波義統(有馬自由)
斯波義銀(松田周)
日根野備中守(山本浩貴)
今川家家臣(中太佑)
若い使用人(吉岡竜輝)

▼第16話登場人物

日根野備中守(山本浩貴)
侍女頭(岩井堂聖子)
見張りの武士(太平)

▼第17話登場人物

年長の侍女(広山詞葉)
土田御前の侍女(藤松祥子)
武士(白畑真逸)

▼第19話登場人物

称念寺の和尚(野口雅弘)

▼第20話登場人物

宇野市兵(剣持直明)
五十次(鈴木一功)
お岸(喜多紗弓)

関連記事
「麒麟がくる」タイトルの意味は?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑