【まんぷく1月7日〜】池田編 新たな登場人物、出演俳優まとめ

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「まんぷく」は1月7日(月)放送回以降、時代が8年進み、立花家も大阪郊外の池田に移り住んでいます。

この記事では、「池田編」から新たに登場する登場人物、俳優たちをまとめます。

パーラー白薔薇

店主・川上アキラ(加藤雅也)

福子が働く喫茶店「パーラー白薔薇」の気さくな店主。俳優を志すもオーディションに落ち続けたという「元田舎の美少年」。コテコテの関西弁と間違ったカタカナ英語を操る。

加藤雅也はモデル出身の俳優で、朝ドラは「青春家族」以来30年ぶりの出演となる。

店主の妻・川上しのぶ(牧瀬里穂)

「パーラー白薔薇」の店主・川上アキラの妻。元タカラジェンヌだったがぱっとせず、アキラと結婚。夫にツッコミを入れるのが得意。福子の良き相談相手となる。

牧瀬里穂は実に10年ぶりのドラマ出演。1990年代にアイドル女優として絶大な人気を誇っていた。

【まんぷく】牧瀬里穂が登場 喫茶店「パーラー白薔薇」の川上しのぶ

香田家、立花家

次女・香田吉乃(深川麻衣)

香田家の次女。社会人として働き始めている。マイペースな性格で、意外な人物と恋に落ちることに…?

演じる深川麻衣は元乃木坂46メンバーで、近年は女優として注目を集めている。

【まんぷく】香田家次女・吉乃 演じる女優は深川麻衣

長男・香田重之(井上拓哉)

香田家の長男(三番目)。東京の京泉大学に進学している。

次男・香田学(中村凜太郎)

香田家の次男(四番目)。東京の京泉大学に進学している。

長男・立花源(二宮輝生)

立花家の長男。祖母・鈴にいたずらをするなど元気な小学生に成長。

長女・立花幸(三宅希空)

立花家の長女。兄と仲良しな小学生の女の子。

モデル・花村奈保美(さとうほなみ)

新しい作風に挑む忠彦が雇う、美人モデル。克子は画家の妻として気にしないと言い張るが、内心は気が気でない。

さとうなほみは、バンド「ゲスの極み乙女。」のドラマー「ほな・いこか」としても活躍する女優、ミュージシャン。

織田島製作所

織田島健三(山西惇)

池田の町工場「織田島製作所」の社長。昔ながらの刃物製造工場を守ってきた。最近息子が戻ってきてくれて嬉しい。

演じる山西惇(やまにし・あつし)は、京都市出身の56歳の俳優。ドラマ「相棒」シリーズの犯罪対策第五課課長・角田六郎役などで知られる。

【まんぷく】町工場「織田島製作所」 萬平の運命を大きく変える

織田島正(金井勇太)

池田の町工場「織田島製作所」の跡取り息子。以前は家電メーカーに勤めていたが家業を継ぐために戻ってきた。織田島製作所の技術を使って新しい製品を開発したいと考えており、「万能調理器」を開発中。

演じる金井勇太(かない・ゆうた)は、東京都福生市出身の32歳の俳優。山田洋次監督作品の映画「十五才 学校IV」の主演などで知られる。第24回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞している。

▼写真左が金井勇太。

織田島久美子(畦田ひとみ)

「織田島製作所」正の妻。赤ちゃんを背負いながら経理を担当する。

畦田ひとみ(うねだ・ひとみ)は、「べっぴんさん」の浮島時計店の娘役などでお馴染みの24歳の女優。5代目「おけいはん」(京阪電鉄イメージキャラクター)。

【べっぴんさん】時計屋の娘・時子は「5代目おけいはん」畦田ひとみ

▼写真左が畦田ひとみ。

銀行関係者

望月綾(玄理)

池田信用組合の秘書。理事長室で萬平の業務を手助けしている。

喜多村圭吾(矢柴俊博)

池田信用組合の母店である梅田銀行の融資課長。クールに見えるが、銀行の仕事に対して熱い想いも持つ。

矢野亮次(矢島健一)

喜多村に変わり池田信用組合を担当することになる梅田銀行・融資課の人物。

嶋明弘(濱口秀二)

梅田銀行・融資課の社員。喜多村とともに池田信用組合を訪ねる。濱口秀二は、お笑いコンビ「よゐこ」濱口優の実弟。

関連記事
【まんぷく1月7日】時代が8年飛び昭和32年に 家族の変化まとめ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑