NHK連続テレビ小説「まれ」登場人物・キャスト①主人公家族は誰が演じる?

スポンサードリンク

2015年春から放送が開始されるNHK連続テレビ小説「まれ」。石川県輪島市と神奈川県横浜市を舞台に、ヒロイン・津村希(つむら・まれ=土屋太鳳)がパティシエを目指して奮闘する物語です。

NHKから「まれ」主要出演者の情報が発表されておりますので、まとめておきます。連続テレビ小説初出演の大泉洋、常盤貴子、田中泯あたりに要注目です。

まずは、ヒロインの家族・津村家。家庭の事情で東京から能登地方に移り住んだ一家。

ヒロイン・津村希(つむらまれ)=土屋太鳳(幼少期は松本来夢)

朝ドラヒロインらしからぬ「真面目」「安定第一」の女の子。少女時代にやってきた能登で現地の言葉の習得に戸惑うなど、決して器用な方ではない。しかし、地道な作業をやらせると抜群の集中力を発揮するタイプ。

夢ばかり追いかけて現実を見ない父の影響もあり「夢アレルギー」を発症し、輪島市で公務員になる。しかし、能登で「ものづくり」に触れていくうちにパティシエになるという幼い頃からの夢を再確認し、やがて横浜へ洋菓子の修行へ。いつの日か愛する能登で店を開くことが目標に。

「花子とアン」で妹役・ももを好演した土屋太鳳が主役に大抜擢。

父・津村徹(つむらとおる)=大泉洋

商売に飛びついては失敗を繰り返し、ついには破産寸前に追い込まれるダメ父。家族が能登へ夜逃げ同然でやってくるキッカケをつくる。いつも「夢」を語るその生き様は、娘の希に「安定こそが大切」と反面教師的に思わせるほど。

家族を顧みないと思われる徹だが、実は誰よりも家族思いであり、子供たちにも愛情一杯に接する。そのような一面があるので、希はダメな父を心底見放す気にはなれない。

北海道のローカル番組「水曜どうでしょう」でお馴染み、北海道のスター・大泉洋さんが朝ドラ初出演。

母・津村藍子(つむらあいこ)=常盤貴子

こちらも朝ドラ初出演。

ダメ夫・徹に代わり畑仕事や朝市の売り子などをこなし、一家を切り盛りする大黒柱。奔放な夫を持つ反動か、安定した生活が大事だと考えている。その反面、夜逃げ時の移住先をダーツで決めてしまうなど、豪快な一面も。

もともと人付き合いが苦手であり、若い頃には人目を避けて引っ越し屋のアルバイトをしていた。父・徹とは憂さ晴らしのボクシングジムで出会い、その優しさに惹かれて結婚。

基本的には常に希の味方でいつも応援してくれるが、パティシエになりたいという夢には大反対することになる。

弟・津村一徹(つむらいってつ)=葉山奨之(幼少期は木村聖哉)

希の一歳下の弟。適応能力や分析力にすぐれ、少年時代にやってきた能登でもすぐに現地の言葉を習得し、生活に馴染む。

父・一徹に似て天然パーマであり勝負事が好きだが、父よりも格段に勝負強い。その分析能力を活かし高校時代は野球部の参謀として、その後はなぜかパソコンを使ったデイトレード(株取引)にのめり込んでいく。

続いて、能登で「おじいちゃん・おばあちゃん」の代わりとなる桶作家の二人。

祖父代わり・桶作元治(おけさくがんじ)=田中泯

輪島近郊で塩作りをしている寡黙な職人で、大の祭り好き。能登へやってきた津村家を受け入れ、やがて本当の家族のようになっていく。希にとっては優しい「おじいちゃん」のような存在であり、塩作りを通して地道な作業の楽しさを教えてくれる「師匠」のような存在。息子は能登を離れているが、そこには複雑な事情がありそう。

田中泯は、世界で活躍するダンサー、舞踏家。役者としては映画「たそがれ清兵衛」の余吾善右衛門役で「第26回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞・新人俳優賞」などを受賞。

祖母代わり・桶作文(おけさくふみ)=田中裕子

桶作元治の妻で、働き者。農作業、塩田作業、岩のり獲りなど、能登の地で精力的に仕事をこなし、力強く生きている女性。毒舌家だが、根は優しい。

当初は他所からやってきた津村一家を認めないが、次第に考えを改めていく。

※桶作家参考記事
【まれ第4週】桶作家長男・哲也の帰郷 桶作家・津村家を巻き込み騒動が発生
【まれ】桶作家息子・哲也一家の家族構成 妻・しおり、娘・友美、麻美

========
以上が、ヒロインの家族・津村家と、津村家が家族同然に世話になる桶作家の人々。

「まれ」ではこの他に、働き者の能登の女性たち、それとは逆に働かない「とと楽」の男性たち、それに希の同年代の男女友人などが多数登場します。「あまちゃん」のような賑やかな現代劇となりそうです。

関連記事
「まれ・横浜編」主要キャスト・登場人物まとめ あの有名料理人も登場
【まれ】出演者(俳優・女優)出身地一覧 東日本出身者が多く地元石川県出身女優も
「まれ」能登編・登場人物の家族構成、恋愛関係まとめ
「まれ」大泉洋さんが演じるのは、ダメ父・津村徹 「夢アレルギー」の元凶
【まれ】登場人物キャスト②・ダメオヤジ三人組編 「能登のとと楽」
来春朝ドラ「まれ」は輪島と横浜が舞台の現代劇!北陸新幹線、輪島塗、朝市…素材は豊富
「まれ」の舞台・能登(輪島)地方の伝統産業、文化とは?朝市、輪島塗り、塩田
朝ドラ「まれ」主題歌(オープニング曲)は「希空~まれぞら~」歌っているのは…
「まれ」幼少期の津村希を演じる子役・松本来夢(まつもとらむ)「相棒」にも出演経験

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


朝ドラ、NHK番組の見逃しはU-NEXTがおすすめ!
PAGE TOP ↑