【まれ】ショック!一子と圭太が付き合っていた?一部ネタバレあり

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「まれ」より。第3週より。この記事はネタバレも含みますのでご注意下さい。

第3週放送(4月13日〜)の後半になると、希(土屋太鳳)たちはいよいよ高校を卒業する時期を迎えます。皆が新しい道へと歩み始めようとしているこの時期、希は改めて圭太(山﨑賢人)が好きだという気持ちを自覚します。

意を決して圭太を呼び出し自分の気持ちを圭太に伝えようとした希でしたが、衝撃的な事実を知ることになります。

なんと圭太は、すでに一子(清水富美加)と付き合っていたのです…。

一子になびいてしまった圭太…

思えば半年前。圭太から告白された希は、「夢」をアツく語る圭太を「ジンマシンが出た」と言って咄嗟に拒否。本当は圭太のことが好きだったはずなのに断ってしまったのです。どうやら圭太はその後、フラれたショックのヤケクソもあり(笑)、一子に告白されて気持ちがなびいてしまったようです。

夏祭り後の真剣告白からわずか半年というと早い気もしますが、そこはローカルな高校生同士の恋愛。身近なところでくっついた、離れた、という恋愛模様が起こるのは有りがちな話ではあります。一子、可愛いですしね…(擁護)。

圭太との恋を忘れ、役所の仕事を頑張る希

さて、見事にフラレてしまった希は「地道にコツコツ」と生きていくことを改めて思い直し、4月からの輪島市役所勤務に気持ちを切り替えます。希は市役所の仕事にのめり込むようになり、圭太との恋の進展は当分はなさそうです。

希はやがてパティシエ修行に向かう横浜の地で、師匠となる池畑大悟(小日向文世)の息子・大輔(柳楽優弥)から好かれてひと騒動、という展開もあるようなので、そう簡単に圭太との恋が成就する展開にはならないだろうと予想されます。大輔は能登に対し多大な興味を持って希に近付くらしいので、もしかしたら将来的には大輔が…。

一子は一子で付き合っているはずの圭太からそっけなくされて悩むなど、しばらくはそれぞれが恋に仕事に悩む、不安定な青春時代を過ごす事になりそうです。

関連記事
【まれ】圭太が恋人・一子に繰り返してきた残念な行動まとめ ついに一子は希と大喧嘩
希の恋の相手は圭太?大輔?「まれ・横浜編」で勃発する「3つの三角関係」
「まれ」東京に憧れる蔵本一子 演じる清水富美加の過去出演作は?
「まれ」紺谷圭太を演じる山﨑賢人は「壁ドン」ブームの立役者?
「まれ」紺谷圭太は希の恋のお相手?やがて輪島塗・漆職人の卵に
「まれ」小日向文世が池畑大悟(パティシエ)役で登場!横浜編で重要な役割に
【まれ4/28】一子に元気が無い!理由は憧れの東京に対する萎縮?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑