【まれ第4週】桶作家息子・哲也の帰郷 桶作家・津村家を巻き込み騒動が発生

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「まれ」第4週(4月20日〜)放送より。

これまで電話口の向こうでのみ気配のあった桶作家の息子・哲也が、第4週放送(4月20日~)で画面に登場します。

帰郷した息子・哲也 元治と文は喜ぶが…

桶作家の息子・哲也(池内博之)は東京の会社を辞めた後、能登へ移住するために家族を連れて能登へ帰ってきます。これまでの描写で両親との折り合いがあまり良くないような雰囲気もあった哲也ですが、大切な息子が帰ってくるとあって元治と文は大喜びします。さらには孫娘である友美(恒松祐里)、麻美(浜辺美波)が懐くものだから、元治と文は嬉しくてたまりません。

ところが。哲也は帰ってくるなり元治が大切に管理している塩田を潰してカフェを作りたいなどと言い出します。この身勝手な計画に文が憤慨。哲也との間に再び溝が出来てしまいます。

希は仕事に私情を挟み…

思わぬ哲也一家の帰郷に、希(土屋太鳳)と津村一家も影響を受けることになります。

希は新卒で配属された輪島市役所・産業振興課で移住者の生活をサポートする仕事を任されるのですが、その希の元に哲也がやってきて、カフェづくりのための費用助成を要請。この要請に対し希は少なからぬ「私情」を持ち込み、話はこじれてしまいます。

これがキッカケで、希は上司である紺谷博之(板尾創路)から公務員に向いていないとの烙印を押されてしまいます。

津村家「八年目のチェックアウト」

一方、津村一家も桶作家の長男一家が帰ってきたとあって、改めて桶作家に一家で身を寄せている現状の是非を問われることになります。とある事情により哲也の妻・しおり(中村優子)と藍子(常盤貴子)が衝突したこともあり、ついには津村家は「八年目のチェックアウト(※)」を決断し、桶作家を出る事になります。
※桶作家は民宿であり津村一家は当初、宿泊費を払う「お客さん」として転がり込み、そのまま八年間居着いている状態。

次の記事【まれ】桶作家息子・哲也一家の家族構成 妻・しおり、娘・友美、麻美では、桶作家長男・哲也一家の家族構成についてまとめます。

関連記事
【まれ】元治が塩田引退宣言 希or一徹が後継に?実の息子(長男)哲也の存在は…?
【まれ】桶作家の孫娘・麻美を演じる浜辺美波(14) 地元石川県ご当地美少女
NHK連続テレビ小説「まれ」登場人物・キャスト①主人公家族は誰が演じる?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


朝ドラ、NHK番組の見逃しはU-NEXTがおすすめ!
PAGE TOP ↑