地震、津波速報により放送中止となった2月17日「マッサン」再放送は?

スポンサードリンク

2月17日(火)朝8時から放送の連続テレビ小説「マッサン」が、東北地方で発生したやや強い地震の影響により、8時10分頃に放送中止になりました。

東北地方で震度4の地震が発生、放送中止

地震が起きたのは、2月17日(火)午前8時6分頃。震源は三陸沖、マグニチュードは6.9で、この地震により青森県、岩手県、宮城県、秋田県で震度4の揺れを観測しています。

マグニチュードが比較的大きかったこともあり岩手県沿岸部に津波注意報が発令され、これを受けて放送中だった「マッサン」が8時10分頃に放送が中断されました。

Twittterアカウント「NHK編成センター」(nhk@hensei)によりますと、今日2月17日分(第116回)は総合テレビで明日2月18日午前8時から、続いて8時15分から2月18日分(第117回)が放送されるとのことです。

2月17日の放送内容

この日の「マッサン」の放送内容は、以下の通り。

海軍指定工場となり海軍から増産を要求された「ドウカウヰスキー」は、新しい人員を確保するために面接を行いました。面接官はマッサン(玉山鉄二)、森野熊虎(風間杜夫)、森野一馬(堀井新太)の三人です。

面接には熊虎の知り合いの娘「ヒロミ」など多くの求職者がやってきますが、その中に戦争で夫を亡くしたという中村美紀(堀内敬子)、秀子(黒島結菜)母娘が居ました。

母・美紀がエリーに対し明らかに怪訝な表情を浮かべたのとは対照的に、「デコ」こと秀子はすぐにエリーやエマと打ち解け、仲良くなります。

面接後12人の採用が決定し、一馬は採用者リストを作成します。そこには美紀、秀子親子の名前もありました(熊虎の知り合い、ヒロミの名前は無し)…。

ここまで放送したところで、地震速報のため放送は中止となりました。以下、本日放送予定だった残り5分間のストーリーをまとめます。

放送中止以降のストーリーは?

採用が決まった美紀とデコ(秀子)。

デコは学校から帰って来たエマとさっそく仲良く遊び、すっかりお姉さんのような存在になります。デコは「鬼畜の娘」と落書きされたエマのノートに気が付くと、「あんな素敵なお母さんのことを鬼畜というなんて、そんなヤツぶっ飛ばしちまえばいいのよ!」「今度何かあったらすっ飛んでやっつけてやる!」と力強くエマに訴えかけます。

母・美紀はオテンバな娘をたしなめながら、社長令嬢であるエリーや「お嬢様」であるエマにしきりに気を使っています。美紀はマッサン一家に対してどこか距離感を感じているようです。

その夜。新しいスタッフが決まり安堵の表情を浮かべる亀山家に、懐かしい来訪者がやってきます。それは、大阪でお世話になった恩人・キャサリン(濱田マリ)でした。

以上が、放送されなかったストーリーです。

「マッサン」の再放送は?

「マッサン」は一日に四回放送されます。

※朝7時30分〜(BSプレミアム)、朝8時〜(総合テレビ)、昼12時45分〜(総合テレビ)、夜11時〜(BSプレミアム)。→「マッサン」放送時間の詳細は「「マッサン」放送時間と曜日、再放送、再視聴、オンデマンド、DVD発売等まとめ」の記事をご覧下さい。

本日中(2月17日中)に第116回を見たい場合は、昼または夜の再放送が通常通りに放送されるはずですので、そちらを見るとよいでしょう。終日外出していて今日は見られない!という方は、明日8時に再び放送されるものを見るとよいでしょう。

録画される方は、その後に続けて放送される第117回の分と併せ、8時〜8時30分までの録画設定にしておきましょう。

関連記事
【マッサン】中村美紀・秀子(デコ)母娘 演じるのは堀内敬子、黒島結菜

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


朝ドラ、NHK番組の見逃しはU-NEXTがおすすめ!
PAGE TOP ↑