「マッサン」に宮嶋麻衣が亀山和歌子役で登場 大阪製作朝ドラの常連【民ちゃん】

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「マッサン」最終週(3月23日〜28日放送)に、女優の宮嶋麻衣が登場します。これで宮嶋麻衣は、NHK大阪が製作する朝ドラに4作連続(2011年〜)で出演したことになり、すっかりお馴染みの顔となっています。

この記事では、宮嶋麻衣が「マッサン」で演じる「亀山和歌子(かめやまわかこ)」と、これまでの宮嶋麻衣の朝ドラ出演遍歴をまとめます。

悟の妻・和歌子役

宮嶋麻衣が登場するのは、3月24日(火)の予定。この日から時代は昭和36年(1961年)に時代が進んでいます。

シベリアから復員しマッサン(玉山鉄二)の元で働いていた甥っ子の岡崎悟(泉澤祐希)は、マッサンとエリー(シャーロット・ケイト・フォックス)の養子に入り「亀山悟」となり、「ドウカウヰスキー」の後継者になるべく日々ウイスキーづくりを学んでいます。

そんな悟と結婚した女性・和歌子を演じるのが、宮嶋麻衣です。悟と和歌子の間には二人の子供が生まれ、すっかり「おばあちゃん」となったエリーは初めての孫たちに囲まれ、幸せな日々を送っています。エリーと和歌子との仲も良好のようです。

竹鶴威の妻・歌子がモデルか

この場面は、悟のモデルとなっていると思われる竹鶴威氏(ニッカウヰスキー二代目マスターブレンダーならびに取締役社長、会長を務めた。竹鶴政孝の甥)の家族が参考になっていると思われます。

威氏は石炭荷役会社を経営する井上貞造氏の娘・歌子氏を妻とし、昭和28年に長男・孝太郎氏が、続いて長女・みのぶ氏が生まれています。竹鶴リタ(エリーのモデル)は初孫たちを頬ずりをして可愛がったそうです。

「ごちそうさん・民ちゃん」宮嶋麻衣

女優・宮嶋麻衣は岐阜県恵那市生まれの29歳。ここ最近、大阪が製作する連続テレビ小説(通例で後期=9月から放送の朝ドラは毎年NHK大阪放送局が担当)の常連となっています。

2007年の「ちりとてちん」でヒロインの親友・野口順子を演じたのを皮切りに、11年の「カーネーション」で吉田屋の芸妓・駒子役、12年の「純と愛」でストーカー行為におびえる新婦・宮崎ゆり役、13年の「ごちそうさん」ではヒロインの親友・野川民子役を演じています。

特に、昨年放送の「ごちそうさん」で宮嶋麻衣が演じた「民ちゃん」は記憶に新しいと思います。「民ちゃん」こと野川民子はヒロイン・め以子の学生時代の親友三人組のうちの一人。自由奔放なめ以子、お嬢様育ちで世間知らずの桜子(前田亜季)に挟まれた民子は、いつも優しく二人を見守る、常識を持った女の子でした。

その物腰柔らかいキャラクターがNHKに重宝されるのか、宮嶋麻衣はこれで2011年から4作続けての大阪製作・朝ドラへの登場となります。

「マッサン」で宮嶋が演じる亀山和歌子も、「ドウカウヰスキー」が苦難の末にようやく辿り着いた平穏な日々を象徴するような、穏やかで優しい女性として描かれるのではないでしょうか。

関連記事
【わろてんか】芸人佐助の妻・富役で宮嶋麻衣が登場 NHK朝ドラ常連女優
【あさが来た】成澤泉の妻・カナエ(宮嶋麻衣) モデルとなった人物は?
【ごちそうさん】主人公の友人・桜子、民子を演じる前田亜季、宮嶋麻衣に注目【かわいい】
室井の文通相手・路代(みちよ)役は逢沢りな その正体は民子の…
【マッサン】甥っ子・岡崎悟役は泉澤祐希【後継者?養子?】
岡崎悟のシベリア抑留体験談が、マッサンに「三級ウイスキー」づくりを決断させる

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


朝ドラ、NHK番組の見逃しはU-NEXTがおすすめ!
PAGE TOP ↑