「マッサン」スタートは母・亀山早苗(泉ピン子)と政春のバトルから!

スポンサードリンク

2014年9月29日(月)から放送が開始されるNHK連続テレビ小説「マッサン」。大正から昭和にかけて、ウイスキーづくりに人生をかけた夫婦を描く人情喜劇です。

物語は大正9年(1920年)、ウイスキーづくりを学ぶ為にスコットランドに留学していた亀山政春(玉山鉄二)が帰国する場面から始まります。

広島に帰郷した政春を待っていた母・早苗

広島・竹原の造り酒屋「亀山酒造」の次男である亀山政春。単身スコットランドに渡ったはずが、彼の傍らにはスコットランド人の妻・エリー(シャーロット・ケイト・フォックス)が居ます。

政春は故郷・広島が近付くにつれ、次第にソワソワし始めるのですが、それには理由がありました。そもそも政春は家業「亀山酒造」を継ぐことを条件に大阪での就職、スコットランドへの留学の許しを受けた身。

しかし政春はこの時、既に家業を継がずウイスキーづくりに人生を捧げることを決めており、それに加えて外国人の妻(現地で入籍済み)を連れて帰るとなれば、恐ろしい母・早苗(泉ピン子)が怒り狂うことは明白でした。

案の定、実家へと到着した政春は「外国人の妻など認めない!」と激怒する早苗と大喧嘩になり、エリーを驚かせてしまうのです。

泉ピン子との嫁姑バトルで物語はスタート

迫力ある泉ピン子氏の朝ドラ登場とあって、ネット上では早くも「ピン子拒否反応」が見られます。「ピン子が第一関門」「ピン子を乗り越えられれば楽しく観られそう…」といった声がちらほら。

夫役の前田吟含め、「渡る世間は鬼ばかり」臭が苦手な視聴者も多いようで、「マッサン」には期待しながらもドロドロ家庭内バトルが始まることを懸念する声が多く見られます。

ただし、ピン子氏いわく「石ぶつけたくなるババァやってますが、死に際だけは凄く良いですから」とのことで、案外あっさりと物語から退場するようです。ピン子氏が苦手な方も少しの辛抱だと思われます(笑)。

実在の「マッサン」モデル・竹鶴政孝の母はもう少し大らかな「趣味人」であったという話もありますが、泉ピン子演じる母・早苗がどこまでエリーを追い込むのか、その反動でエリーがどれだけ可愛らしく見えるのか、楽しみではあります。

関連記事
【マッサン】ピン子母(早苗)はいつ死ぬ?
「マッサン」ヒロイン・エリーのモデル 竹鶴リタの生涯とは?
【マッサン】「エリー」出身地スコットランドはどこ?ウイスキー(スコッチ)造りが盛んな理由
「マッサン」出演キャストとモデルとなった人物まとめ
「マッサン」のヒロインがシャーロット・ケイト・フォックスに決定 夫役は玉山鉄二