マッサン・オリジナルサウンドトラック シャーロット・ケイト・フォックスも歌っている!

スポンサードリンク

HNK連続テレビ小説「マッサン」のオリジナルサウンドトラックが2014年12月10日に発売されました。劇中で効果的に使われているお馴染みの音楽とともに、ボーナストラックとしてエリー役のシャーロット・ケイト・フォックスが歌うスコットランド民謡が三曲収録されています。

富貴晴美による、お馴染みのあの曲たち!

「マッサン・オリジナルサウンドトラック」は同ドラマのサウンドを担当している作曲家・ピアニストの富貴晴美(ふうきはるみ)による楽曲が中心。

収録曲は「琥珀色の夢 ~Massan’s Theme~」「愛をもとめて」「やってみなはれ」などなど、曲名を聞いてもさっぱりわかりませんが、音を聞けば「ああ、あの曲だ!」とドラマで聞き馴染みがある曲ばかりです。いずれの曲も劇中の出来事や登場人物に合わせて効果的に使われているので、これらの音源を聞くとドラマのあのシーンが蘇ります。

シャーロット・ケイト・フォックスも歌っている!

これら富貴晴美による楽曲(24曲)とともに、嬉しいのがシャーロット・ケイト・フォックスにより歌われているスコットランド民謡が収録されていること。シャーロット・ケイト・フォックスは先日のNHK「わが心の大阪メロディー」でも生歌で歌声を披露しており、その歌唱力はなかなかのものです。

収録されているのは「Auld Lang Syne (蛍の光)」「Comin’ Thro’ the Rye (故郷の空)」「Home, Sweet Home (埴生の宿)」の三曲で、いずれもドラマ劇中でエリーが故郷を想い、マッサンを想って歌った曲。これらは日本でもお馴染みの曲なので、英語で歌われていると新鮮な感じがします。

Amazonで全曲視聴が出来る!

↓「マッサン・オリジナルサウンドトラック」はAmazonの販売ページで全曲視聴ができます(それぞれ45秒ずつ)。気になる方は一通り聞いてみてからご購入を検討されてみてはいかがでしょうか。

なお、主題歌である中島みゆきの「麦の唄」は残念ながら収録されていません。こちらは単独で買ってくれ、ということでしょう(笑)。

サウンドトラック第二弾も発売予定!

そして、2015年2月には「マッサン・オリジナルサウンドトラック」の第二弾が発売されるそう。こちらは年明け以降から始まる「北海道・余市編」で登場する楽曲が収録されるものと思われます。ドラマ「マッサン」の本当の魅せどころは北海道に渡ってからですから、こちらも楽しみです。

関連記事
マッサン2月27日・エリーの回想場面で流れていた曲「ELLIE MY HEART」
【マッサン】エマがおもてなしで歌った歌はスコットランド民謡「アニー・ローリー」
「マッサン」で歌われる「蛍の光」原曲「オールド・ラング・サイン」の歌詞は?
マッサンで登場する「故郷の空」 「麦畑」「誰かさんと誰かさん」で知られるメロディー
マッサン主題歌・中島みゆき「麦の唄」 夫婦の愛の歌、日本人への応援歌
【マッサン3/25】エリーが余市川で歌った「別れの歌」は「The Parting Glass」

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑