TBS日曜劇場「TOKYO MER」主な出演者・キャスト、登場人物まとめ

2021年7月から放送されるTBS日曜劇場「TOKYO MER〜走る救急救命室」の主な出演者、キャスト・配役、登場人物の人物像などをまとめます。

スポンサーリンク

目次

「TOKYO MER」メンバー

主人公・喜多見幸太(鈴木亮平)

この物語の主人公で、都知事肝いりの政策により誕生した救命救急のプロフェッショナルチーム「TOKYO MER」(MER=モバイル・エマージェンシー・ルーム)のチーフドクター・喜多見幸太(きたみ・こうた)。事件事故に遭遇し瀕死の状態にある患者を救うため、危険を顧みずに現場に飛び込む勇猛果敢、凄腕の救急救命医。海外の紛争地や僻地医療の経験からどんな時も物怖じしないが、危険極まりない行動に対し批判の声も多い。

▷鈴木亮平(すずき・りょうへい)は、兵庫県西宮市出身の38歳の俳優。東京外国語大学外国語学部(英語専攻)卒のインテリで、NHK朝ドラ「花子とアン」、大河ドラマ「西郷どん(主演)」、TBS日曜劇場「天皇の料理番」「テセウスの船」、映画「HK 変態仮面(主演)」「海街diary」「俺物語!!(主演)」など数々の話題作に出演。役作りのために体重を20〜30キロ変動させるなど、演技に対するストイックな姿勢でも知られる。

救命救急医・音羽尚(賀来賢人)

厚生労働省のエリート官僚でありながら医師免許も持つ、若き医系技官・音羽尚(おとわ・なお)。チームに欠かせない救急救命医の一人だが、実は厚生労働大臣・白金の意を受けて「TOKYO MER」に正式な認可を与えないために派遣されたスパイ。冷静な野心家であり、当初は喜多見に反発を見せていくが、やがてかけがえのない相棒になっていく。「TOKYO MER」の存亡の鍵を握る男。

▷賀来賢人(かく・けんと)は、東京都出身の31歳の俳優。女優・賀来千香子の甥。NHK朝ドラ「花子とアン」、大河ドラマ「花燃ゆ」に出演したほか、主演ドラマ「ニッポンノワール-刑事Yの反乱-」「今日から俺は!!」が話題に。「半沢直樹(第2シリーズ)」では半沢直樹の左遷先で働く若手・森山雅弘役を演じ高い評価を獲得している。

 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

賀来賢人(@kento_kaku)がシェアした投稿

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新人研修医・弦巻比奈(中条あやみ)

心臓外科医を目指して東京海浜病院・循環器外科で研修中の新人研修医・弦巻比奈(つるまき・ひな)。ひょんなことから「TOKYO MER」チームとの兼任を命じられるが、「万全の医療体制のもとで患者とじっくり向き合う」心臓外科医を目指す彼女にとって、刹那的な判断を即興で求められる救急救命にモチベーションを見いだせずにいる。正攻法とは言えない喜多見のオペのやり方にも反発していく。

▷中条あやみは、大阪市出身の24歳の女優、モデル。映画「セトウツミ」、「チア☆ダン」での演技に高い評価が集まったほか、映画「ニセコイ」「覆面系ノイズ」「雪の華」「水上のフライト」、ドラマ「白衣の戦士!」「閻魔堂沙羅の推理奇譚」で主演を務めるなど、若手売れっ子女優として活躍中。

 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中条あやみ(@nakajo_ayami)がシェアした投稿

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

看護師・蔵前夏梅(菜々緒)

「TOKYO MER」のメンバーで、救急救命医療に精通した凄腕の看護師・蔵前夏梅(くらまえ・なつめ)。時に危険を冒し、時に敢然と反対意見を述べるなど、喜多見の右腕として救命現場に欠かせない存在。ポジティブでチャレンジ精神旺盛であり、一人娘を育てているシングルマザーでもある。副看護師長としての病棟業務と、救急救命の現場を兼任する熱い心の持ち主。

麻酔科医・冬木治朗(小手伸也)

「TOKYO MER」のメンバーで、麻酔科医の冬木治朗(ふゆき・じろう)。血気盛んなチームの中で、穏やかな性格をしている冬木は癒やしキャラであり、お父さん的な存在。瀕死の状態にある患者の状態を素早く把握し、喜多見のオペをサポートする麻酔科医としての腕前は一流。

▷小手伸也(こて・しんや)は、神奈川県出身の47歳の俳優。NHK大河ドラマ「真田丸」で話題となり、以降、遅咲きの個性派おじさん俳優として「コンフィデンスマンJP」「スーツ」「なつぞら」「集団左遷!!」など人気作に多数出演。
日曜劇場「TOKYO MER」⿇酔科医・冬木治朗 俳優・小手伸也が演じる

臨床⼯学技⼠・徳丸元一(佐野勇斗)

医療機器のスペシャリストである臨床⼯学技⼠・徳丸元一(とくまる・もといち)。一流の技士でありながら好奇心旺盛なメカオタクでもある。「TOKYO MER」が乗り込む大型車輌「ERカー」(最新の医療機器とオペ室を搭載)の設計に携わっているほか、自ら運転して災害現場へと向かうなど、チームに欠かせない一員。

▷佐野勇斗(さの・はやと)は、愛知県岡崎市出身の23歳の俳優、歌手。ボーカルダンスユニット「M!LK」のメンバー。映画「くちびるに歌を」で俳優デビューをすると、「青夏 きみに恋した30日」「凜-りん-」「小さな恋のうた」、ドラマ「FAKE MOTION -卓球の王将- 」「俺たちはあぶなくない〜クールにさぼる刑事たち」などで主演。日曜劇場前作「ドラゴン桜」では、主人公の教え子で物語のキーマン・米山圭太役を演じて話題になっている。

 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

佐野勇斗(M!LK)(@sanohayato_milk)がシェアした投稿

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

看護師・ホアン・ラン・ミン(フォンチー)

「TOKYO MER」に所属するベトナム出身の看護師 ホアン・ラン・ミン。母国のために看護技術を学ぶため、経済連携協定(EPA)により来日。努力家で勉強家であり、来日数年にしてすでに日本語はペラペラ。日本のアニメや漫画が大好き。夏梅のことを尊敬しており、いつも後ろにくっついている。

▷フォンチーは、日本(神奈川県)で生まれ育った30歳のベトナム人女優、タレント。「アイドリング!!!」の創設メンバー、主要メンバーとして活躍し、2011年に同グループを卒業。近年は女優として「絶対零度 〜未然犯罪潜入捜査〜」「ミス・ジコチョー〜天才・天ノ教授の調査ファイル〜 」「ハムラアキラ〜世界で最も不運な探偵〜」「ひきこもり先生」などに出演。ベトナム人役などで重宝されている。
日曜劇場「TOKYO MER」ベトナム人看護師 ホアン・ラン・ミン 女優のフォンチーが演じる

東京都の関係者

東京都知事・赤塚梓(石田ゆり子)

「TOKYO MER」の創設者で、喜多見を同チームのチーフに抜擢した東京都知事・赤塚梓(あかつか・あずさ)。報道記者から衆議院議員を経て、女性初の首相候補と目されるまでになった人気政治家。新政策である「TOKYO MER」の存亡に自身の政治生命が懸かっている。強いリーダーシップを持ち理想のリーダー像を体現したような政治家だが、次第に彼女が隠し持つ驚くべき真意が明らかになっていく。

 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石田ゆり子 Yuriko Ishida(@yuriyuri1003)がシェアした投稿

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

東京消防庁 レスキュー隊長・千住幹生(要潤)

最精鋭がそろう東京消防庁・即応対処部隊(レスキュー隊)で隊長を務める千住幹生(せんじゅ・みきお)。百戦錬磨の現場経験を持つハイパーレスキュー。危険な現場での救助活動を指揮する立場上、二次災害を引き起こしかねない無鉄砲な行動を繰り返す喜多見と激しく衝突している。互いのプライドを懸けてぶつかる二人だが、やがて強い絆が生まれていき…。

危機管理対策室⻑・駒場卓(橋本さとし)

東京都の危機管理対策室で室⻑を務める駒場卓(こまば・すぐる)。有事の際に消防庁や警察との連携を図り、「TOKYO MER」の活動をサポートする危機管理のプロ。かつて東京消防庁・即応対処部隊で指揮をとっていた経歴を持ち、後継者である千住との信頼は厚い。危険な救助現場で二次災害に巻き込まれ、下半身の自由を失った過去がある。

▷橋本さとしは、大阪府枚方市出身の55歳の俳優、声優。舞台「レ・ミゼラブル」「シャーロック ホームズ」やドラマ「なつぞら」「下町ロケット」「ブラックペアン」「イチケイのカラス」などに出演し俳優として活躍するほか、NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」のナレーションとしても広く知られる美声の持ち主。
日曜劇場「TOKYO MER」危機管理対策室長・駒場卓 俳優・橋本さとしが演じる

厚生労働省、政府の関係者

厚生労働大臣・白金眞理子(渡辺真起子)

豪腕政治家として政界をのし上がってきた厚生労働大臣・白金眞理子(しろかね・まりこ)。女性初の総理大臣の座を都知事・赤塚と競っており、赤塚肝いりの政策により誕生した「TOKYO MER」を目の敵にしている。音羽をスパイとして「TOKYO MER」に送り込み、赤塚ならびに「TOKYO MER」を叩き潰そうと企んでいる。

▷渡辺真起子(わたなべ・まきこ)は、東京都出身の52歳の女優。主演映画「M/OTHER」がカンヌ国際映画祭で国際批評家連盟賞を受賞したほか、出演映画「殯の森(もがりのもり)」は第60回カンヌ国際映画祭でグランプリ作品を受賞。「愛の予感」「愛のむきだし」「ヒミズ」でも国際的な映画賞を受賞。2013年には第7回アジアン・フィルム・アワードで日本映画では初となる最優秀助演女優賞を受賞。
NHKドラマ10「半径5メートル」インフルエンサー・須川 女優・渡辺真起子が演じる

厚労省 医政局長・久我山秋晴(鶴見辰吾)

日本の医療制度を統括する厚⽣労働省・医政局の局長として君臨する役人・久我山秋晴(くがやま・しゅうせい)。省内での出世が悲願であり、そのために白金大臣に忠誠を誓っている。「TOKYO MER」の解体に向けて、白金の手下として手段を選ばずに暗躍していく。

大物政治家・天沼夕源(桂文珍)

第5話から登場。政界を牛耳る大物政治家。音羽と一緒に乗ったエレベーターが停止して閉じ込められてしまうと、わがまま放題に要求を突きつける。白金大臣を手なづけているが、赤塚都知事とは対立関係にある。

東京海浜病院の関係者

循環器外科医・高輪千晶(仲里依紗)

喜多見と同じ東京海浜病院で働く、循環器外科医・高輪千晶(たかなわ・ちあき)。心臓、血管手術のスペシャリストとして、若くして世界に名を轟かせている名医であり、研修医・弦巻比奈の指導医でもある。喜多見とは旧知の仲らしいが詳細な関係性は不明。無鉄砲な喜多見の医療行為に批判的な態度を見せるが、命を守るという根底の価値観は一致しており、お互いに認め合う存在でもある。

研修医・深沢陽斗(佐藤寛太)

東京海浜病院の環器外科の研修医・深沢陽斗(ふかざわ・はると)。比奈とは医大時代からの同期であり、友人関係にある。比奈の愚痴の聞き役でもある。

その他登場人物

喜多見の妹・喜多見涼香(佐藤栞里)

主人公・喜多見幸太の妹・喜多見涼香(きたみ・すずか)。入院中の子どもたちとその家族をサポートするNPO法人で働く心優しい女性。兄が唯一の家族であり、兄妹の絆は固い。喜多見が情熱を傾ける救急救命の一番の理解者であり、サポーター的存在。

立てこもり犯(川島潤哉)

第3話で登場。繁華街で重い病気を抱えた少女を人質にとり立てこもる中年男。
TBS日曜劇場「TOKYO MER」第3話 立てこもりの犯人役 俳優・川島潤哉が演じる

立てこもり犯の娘・渋谷日葵(加藤柚凪)

第3話で登場。立てこもり犯の娘。一型糖尿病を患っており、父が起こした事件で人質としてとらわれると生命の危険に陥る。

夏梅の娘・蔵前ももか(北平妃璃愛)

第3話で登場。「はなゆり保育園」に通う夏梅の娘。夏梅が看護師を目指すきっかけになった絵本「ナイチンゲール」を愛読している。

心臓病の少女・平野汐里(福室莉音)

第4話で登場。重い拡張型心筋症を患い、高輪の執刀による心臓移植手術に臨む少女。手術当日、移植されるはずの心臓を持った医師がトンネル崩落事故に巻き込まれてしまい…。
「TOKYO MER」第4話 心臓病の少女・平野汐里役 女優・福室莉音が演じる

医師・小山希望(高橋ユウ)

第4話で登場。移植手術用の心臓を東京海浜病院に運ぼうとしていた医師。道中の稲城トンネルで崩落事故に巻き込まれ…。

清掃会社の社長(春海四方)

第7話で登場。外国人従業員が多数倒れた清掃会社の社長。MERが救助にあたるものの、ただの食あたりだと言い張る。不法滞在している外国人労働者をこき使っている悪徳経営者。

公安刑事・月島しずか(稲森いずみ)

第7話で登場。公安のおえらいさん。外国人労働者が倒れ込んだ清掃会社に現れ、危険な状態にある患者の身柄を拘束してしまう。建物の中に取り残されている外国人を見捨て、私が守るのは日本人だけだと言い切る。

公安刑事・高松(馬場徹)

第7話で登場。月島しずかの下で働く公安刑事。外国人労働者たちを搬送しようとするMERに横槍をいれる。

スポンサーリンク

NHKオンデマンドを試すなら、U-NEXT無料トライアルで!

U-NEXTの31日間無料トライアル登録で、1,000円分のポイントが無償でもらえます。このポイントをつぎ込めば、NHKオンデマンド・見放題パック(月額990円)が最大1ヶ月お試しで楽しめます。

シェアお願いします
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる