日曜劇場「TOKYO MER」ベトナム人看護師 ホアン・ラン・ミン 女優のフォンチーが演じる

TBS日曜劇場に登場するベトナム人看護師 ホアン・ラン・ミンの人物像などをまとめます。

ホアン・ラン・ミンを演じるのは、アイドルグループ「アイドリング!!!」に所属していた女優・フォンチーです。

スポンサーリンク

目次

日本の医療現場を学ぶ ベトナム人看護師

救命救急のプロフェッショナルチーム「TOKYO MER」。各医療分野のスペシャリストが集結し、危険きわまりない現場での救命作業に従事する専門家チームです。

ベトナム出身の看護師 ホアン・ラン・ミンも、精鋭揃いの「TOKYO MER」のメンバーの一人。

ホアン・ラン・ミンは、より高度な日本の看護技術を学ぶために保護経済連携協定(EPA)で来日。母国・ベトナムのために日々最新の現場知識を学んでいます。来日から数年にも関わらず努力家であるミンの日本語は流暢であり、時に難解な日本語を繰り出して周囲を驚かせます。

日本のアニメや漫画が大好きだというミン。日本人メンバーに混じって奮闘する中で、時に保守的な思考をしがちな日本人には生み出せない発想で、チームの危機を救ってくれるかもしれません。

TBS日曜劇場「TOKYO MER」主な出演者・キャスト、登場人物まとめ

Paraviで「TOKYO MER」全話とオリジナルストーリー「走らない緊急救命室」配信

Paravi(2週間無料トライアルあり)では、日曜劇場「TOKYO MER」「ドラゴン桜」をはじめ、TBSの多数の名作番組を配信中です。

また、Paravi会員特典としてオリジナルストーリー「TOKYO MER〜走らない緊急救命室」が配信されていきますので、ドラマ本編とあわせて視聴することをオススメします。

Paravi

「アイドリング!!!」初期メンバー フォンチー

ベトナム人看護師 ホアン・ラン・ミン役を演じているのは、日本(神奈川県)で生まれ育ったベトナム人女優、タレント・フォンチー(30歳)です。

ドラマではアジア訛りの片言のセリフを発する役柄が多いですが、本人は日本語ネイティブ・ペラペラであり、まったく外国語訛りはありません。


2006年、フジテレビの同名番組から生まれた女性アイドルグループ「アイドリング!!!」(朝日奈央や菊地亜美らを輩出)の創設メンバー(8号)となると、バラエティ番組への出演や歌手ユニット結成などを経験。

2011年に同グループを卒業すると、舞台への出演、ガールズバンド「Vacancy Control」の結成など、多方面での活動を見せています。

近年は女優として「絶対零度 〜未然犯罪潜入捜査〜」(2018年 / グエン・チー・リン役)、「ミス・ジコチョー〜天才・天ノ教授の調査ファイル〜 」(2019年 / グエン役)、「ハムラアキラ〜世界で最も不運な探偵〜」(2020年 / 華子役)、「MIU404」(2020年 / チャン・スァン・マイ役)などに出演。

つい最近もNHKドラマ「ひきこもり先生」(2021年)で美しいアジア系コンビニ店員・ビック役を演じており、エキゾチックな風貌を武器に、ベトナム人、アジア系外国人役などを任されることが多いようです。

▼クボタのCM「For Your Wishes.」篇(60秒)では、ベトナムから大阪にやってきた頑張り屋の若手社員・ホアン役で主演。異国の地で働く姿は、「TOKYO MER」のミン役に通じるものがあります。

スポンサーリンク

NHKオンデマンドを試すなら、U-NEXT無料トライアルで!

U-NEXTの31日間無料トライアル登録で、1,000円分のポイントが無償でもらえます。このポイントをつぎ込めば、NHKオンデマンド・見放題パック(月額990円)が最大1ヶ月お試しで楽しめます。

シェアお願いします
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる