ドラマ「ミス・シャーロック」牧島洋平(まきしま・ようへい) 俳優・奥野瑛太が演じる

スポンサードリンク

HuluとHBO Asiaの共同製作によるミステリードラマ「ミス・シャーロック/Miss Sherlock」(2018年)。

第1話で重要人物となる青年・牧島洋平(まきしま・ようへい)についてまとめます。演じているのは、「サイタマノラッパー」「エール」などに出演する俳優・奥野瑛太(おくの・えいた)です。

事件の鍵を握る男・牧島洋平

「ミス・シャーロック」第1話では、シリアから帰国した和都(貫地谷しほり)の恩師・水野が、空港で突然腹部の爆発により死亡するという事件が発生。

警視庁からの依頼で事件の捜査に乗り出した犯罪コンサルタント・シャーロック(竹内結子)は、相次いで起こる爆死事件を調べるうちに、10年前に6歳少女を刺殺したという男・牧島洋平の存在に行き着きます。

牧島は重度の薬物中毒患者で、薬物を使用後に10年前の事件を起こしています。

品川の更生施設でリハビリを終えたばかりだったという牧島。相次ぐ爆死事件と薬物更生施設にいる青年がどのようにつながっていくのか、シャーロックの推理が冴え渡ります。

俳優・奥野瑛太 「サイタマノラッパー」「エール」

▼切れ長の目が魅力的な奥野瑛太。闇のある役柄も多い印象。

事件の鍵を握る牧島洋平を演じるのは、北海道苫小牧市出身の34歳の俳優・奥野瑛太(おくの・えいた)です。日本大学藝術学部映画学科を卒業すると、俳優の道を本格的に歩み始めています。

映画「SR サイタマノラッパー」(2009年)で準主役であるMC MIGHTY役、「SRサイタマノラッパー ロードサイドの逃亡者」(2012年)でも同じくMC MIGHTY役で主役を演じ、注目を集めています。

また、2020年春現在放送中のNHK朝ドラ「エール」では、ヒロインの姉・吟(松井玲奈)の交際相手である軍人・鏑木智彦役で出演。主人公に影響を与える生真面目な青年役を好演中です。

【エール】吟の見合い相手・鏑木智彦 俳優・奥野瑛太が演じる

「絶対零度」の殺し屋役

ほかにも映画「クローズEXPLODE」(2014年)、「ソレダケ / that’s it」「ラブ&ピース」(2015年)、「キセキ -あの日のソビト-」「3月のライオン」(2017年)、「友罪」(2018年)、「タロウのバカ」「葬式の名人」「最初の晩餐」(2019年)などに出演。

NHK BSドラマ「植物男子ベランダー」(2014年〜)では植物好きのヤクザ・丹下の子分である土谷役、大河ドラマ「おんな城主 直虎」(2017年)では武田家滅亡の悲運に遭遇する当主・武田勝頼役を熱演しています。

人気シリーズとなっているフジテレビドラマ「絶対零度」では、第3,4シリーズ(2018年、2020年)の主人公・井沢の妻子を殺したとして服役する殺し屋・宇佐美洋介役で出演。物語の核心を握る、闇を抱えた青年役を演じています。

▼歌手・中孝介の名曲「花」のMV(2016年バージョン)に出演している奥野瑛太(1:55に登場するヒゲの運転手の青年)。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


PAGE TOP ↑