ドラマ「ミス・シャーロック」水川あさみが演じる 薬剤師・水野亜紀子

スポンサードリンク

Huluによるミステリードラマ「ミス・シャーロック/Miss Sherlock」第1話では、女優・水川あさみが演じる水野亜紀子がストーリーの中心人物になっていきます。

この記事では水野亜紀子の人物像、女優・水川あさみの簡単なプロフィールなどをまとめます。

和都の恩師・水野の妻

「ミス・シャーロック」第1話は、和都(貫地谷しほり)の恩師・水野隆之(二階堂智)が和都を出迎えた空港で突然腹部が爆発し、死亡してしまうシーンからスタートします。突然の夫の怪死に、薬剤師の妻・水野亜紀子(水川あさみ)は動揺を隠せません。

やがて事件は思わぬ方向へと展開していきます。水野同様に腹部爆発による死亡事件が連続し、何者かが遠隔操作により事件を操っているのではないかという疑いが出てくるのです。

やがてシャーロックは、10年前に発生した少女刺殺事件と今回の事件との関連に目をつけることになります。そこには亜紀子の知られざる悲しい過去が関係しており…。

▼「ミス・シャーロック」は、全8話+メイキング映像がHulu(2週間無料トライアルあり)で独占配信中。金曜ロードショーの特別編(第1話+第2話)を見て続きが気になった方は、Huluで!

女優・水川あさみ 夫は窪田正孝

夫を亡くし悲しみに暮れる妻・水野亜紀子を演じているのは、大阪府茨木市出身の36歳の女優・水川あさみです。現在NHK朝ドラ「エール」で主演を務めている俳優・窪田正孝と2019年に結婚したことでも知られます。

「家なき子」の安達祐実に憧れて13歳で芸能事務所に入ると、15歳の時に映画「劇場版 金田一少年の事件簿〜上海魚人伝説〜」(1997年)の楊雑技団団員・楊蕾麗(ヤン・レイリー)役で女優デビュー。

ホラー映画「仄暗い水の底から」(2002年)でミステリーに関わる重要な役・郁子役を演じると、映画「渋谷怪談」(2003年)では主演を務めるなど、女優として順調にステップアップをしていきます。

テレビドラマ「医龍-Team Medical Dragon-シリーズ」(2006年〜)の里原ミキ役、「のだめカンタービレ」(2006年)の音大生・三木清良役を演じると、「夢をかなえるゾウ」(2008年)では連続ドラマ初主演。

2011年のNHK大河ドラマ「江〜姫たちの戦国」では、主人公である江の姉・初(常高院)役で出演し、戦国の世に翻弄される浅井三姉妹(淀、初、江)という物語の根幹となる大役を見事に演じています。

その後も「シェアハウスの恋人」(2013年)、「東京スカーレット〜警視庁NS係」(2014年)、「白衣の戦士!」(2019年)で主演を務めたほか、「失恋ショコラティエ」(2014年)の井上薫子役、大河ドラマ「西郷どん」(2018年)における坂本龍馬の妻・お龍役、「透明なゆりかご」(2019年)の先輩看護師・望月紗也子役など、多くの人気作品で重要な役柄を演じ、トップ女優として活躍を続けています。

関連記事
「ミス・シャーロック/Miss Sherlock」登場人物、出演者・キャストまとめ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


PAGE TOP ↑