「おかえりモネ」気仙沼の中学生・石井あかり 子役出身の注目女優・伊東蒼が演じる

NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」気仙沼編に登場する中学生・石井あかりについてまとめます。

石井あかりを演じているのは、映画「湯を沸かすほどの熱い愛」「島々清しゃ」などに出演し大きな注目を浴びている15歳の子役、女優・伊東蒼(いとう・あおい)です。

亜哉子と縁? 中学生・石井あかり

故郷・気仙沼に戻り、「ウェザーエキスパーツ」気仙沼支社の第1号社員として働き始めた百音(清原果耶)。百音は地元に根ざした気象予報士として、新しい人々と出会っていくことになります。

百音の職場にふらっと現れる中学生の女の子・石井あかり(伊東蒼)も、気仙沼で新たに出会う人物の一人です。あかりは何か思うところがあるのか警戒心が強く、なかなか百音に本音を見せません。

一方で「なぜ気象予報士になったのか」と百音に疑問をぶつけるなど、百音に対して興味を持っている様子であり、次第に二人は打ち解けていくことになります。

地元で新たなチャレンジを始めた百音に影響を与えていきそうなあかりですが、実は百音の母・亜哉子(鈴木京香)と深い縁があるとのこと。震災に関わることなのか、心の内に小さな引っ掛かりを持っているというあかりの登場により、物語が動いていきそうです。

注目の女優 子役出身の伊東蒼

石井あかり役を演じていているのは、清原果耶と同じ大阪府大阪市出身の15歳の女優・伊東蒼(いとう・あお)です。

2011年、6歳の時に映画「アントキノイノチ〜プロローグ〜 天国への引越し屋」で阪神・淡路大震災の被災者の少女・しょう子役で子役デビューした伊東蒼。

まだ小学生だった2016年には映画「湯を沸かすほどの熱い愛」に出演。主人公の夫が浮気相手に押し付けられた連れ子・片瀬鮎子役を演じると、同映画は第40回日本アカデミー賞で6部門受賞、各映画祭で軒並み賞を獲得するなど高い評価を獲得しています。主演の宮沢りえ、夫役のオダギリジョー、娘役の杉咲花ら錚々たる大物俳優を相手に堂々とした演技を見せた伊東蒼に対しても称賛の声が集まり、第31回高崎映画祭最優秀新人女優賞を受賞しています。

2017年には沖縄・慶良間諸島を舞台にした映画「島々清しゃ」で初主演。耳が良すぎて周囲とのコミュニケーションが上手くとれない小学生・花島うみ役を演じ、こちらでも大物女優・安藤サクラらを相手に見事な演技を見せています。同映画で第72回毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞を受賞。

Amazon Prime(30日間無料期間あり)では会員特典として、伊東蒼主演映画「島々清しゃ」などが見放題(2021年9月現在)。Amazon PrimeからNHKオンデマンドも別途購入できるので、アカウントを持っておくと何かと便利です。

▼こちらの「湯を沸かすほどの熱い愛」は、Amazon Primeではレンタル作品扱い。見放題ではありませんが、407円で見ることが出来ます。

NHK「ひきこもり先生」

2020年にはNHKドラマ「ひきこもり先生」に中学2年生の女子生徒・吉村なつき役で出演。

中1の時にクラスメートの「みうちゃん」がいじめられているのを見て見ぬ振りをして以来葛藤に苦しんでいる女子生徒役を繊細に演じ、好評だったドラマに貢献しています。

U-NEXT


▼映画「空白」では主人公の娘・花音役で出演。万引未遂を起こした後にスーパーの店員に追いかけられて事故死してしまう、物語上超重要な中学生役です。

スポンサーリンク


PAGE TOP ↑