「おかえりモネ」フェリーボート(気仙沼〜亀島定期船)ファンタジー号 モデルは大島航路(大島汽船)

NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」で気仙沼市街と亀島を結んでいる定期船(フェリーボート)や、使用されている船舶(ファンタジー号)についてまとめます。

この定期船は、2018年に廃止となった大島航路がモデルになっていると考えられます。

亀島と本土を結ぶ定期船

「おかえりモネ」のヒロインは、1995年(平成7年)に宮城県気仙沼湾沖に浮かぶ亀島(かめしま)で生まれています。この亀島はドラマ上の架空の島ですが、実在する気仙沼大島がモデル、ロケ地となっています。

劇中で島の人たちがたびたび乗船するのが、本土の気仙沼市街(気仙沼港)と島の港を結ぶ連絡フェリー「気仙沼〜亀島定期船」

このフェリー便も、2019年に廃止となった大島航路(気仙沼港〜気仙沼大島・浦ノ浜港)がモデルになっていると考えられます。

朝ドラ「おかえりモネ」気仙沼・亀島のロケ地、モデルは気仙沼大島 フェリー港、レストハウス、砂浜など

▼大島航路は100年の歴史を持つ定期航路(1日20往復)でしたが、2019年に島と本土を結ぶ気仙沼大島大橋(愛称・鶴亀大橋)が完成すると同時に廃止となっています。現在は気仙沼湾内を周遊する遊覧船・気仙沼ベイクルーズ(所要50分)が同じ大島汽船により運行されています。

船は「ファンタジー号」

「おかえりモネ」の予告番組を見た限り、劇中で「気仙沼〜亀島定期船」として使われている船舶は、大島汽船所有の「ファンタジー号」のようです。

このファンタジー号は1990年7月竣工。全長32メートル、総重量152トン、旅客定員300名の船舶です。

ファンタジー号は、2006年から15年間に渡り神戸港の観光遊覧船・神戸シーバス(早駒運輸)として活躍し港町神戸で愛されていましたが2020年に引退。気仙沼の大島汽船に譲渡されています。

Amazon Prime(30日間無料期間あり)では会員特典として、清原果耶がヒロインを務めた映画「3月のライオン」「愛唄 約束のナクヒト」「デイアンドナイト」などの名作が見放題(2021年5月現在)。Amazon PrimeからNHKオンデマンドも別途購入できるので、アカウントを持っておくと何かと便利です。

▼現在は気仙沼湾で遊覧船として活躍中のファンタジー号。大島汽船のインスタアカウントによれば「ファンタジー2階では、おかえりモネグッズとファンタジーオリジナルグッズ等、限定発売しております。」とのこと。

 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

大島汽船株式会社会社(@oshimakisen_baycruise)がシェアした投稿

 

 

 

 

 

 

 

「おかえりモネ」見逃しはU-NEXT無料トライアル利用がお得!

日本最大級の動画配信サービスU-NEXT (180,000本以上の作品が見放題)がNHKオンデマンドとも提携しています。

U-NEXTの31日間無料トライアル申し込みでもらえる特典(=1,000円分のポイント)を投入すれば、提携しているNHKオンデマンド・見放題コース(月額990円)を最大一ヶ月間お試しで楽しめます。 「おかえりモネ」や「青天を衝け」、過去の朝ドラ・大河ドラマなどが大量に見放題。

▼詳しくはこちらのリンク先の記事にまとめています。
U-NEXTでNHKオンデマンドを利用する方法や注意点、解約・退会方法などまとめ

関連記事
「おかえりモネ」百音が乗るBRT(バス高速輸送システム)とは?震災で失われたJR気仙沼線

スポンサーリンク


PAGE TOP ↑