「おかえりモネ」漁師・太田滋郎 宮城県出身俳優・菅原大吉が演じる【あまちゃん・まんぷく】

NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」気仙沼編に、朝ドラ「あまちゃん」「まんぷく」などに出演したことで知られる俳優・菅原大吉(菅原大吉)が登場します。

菅原大吉が演じる漁師・太田滋郎の人物像と、菅原大吉の簡単なプロフィールなどをまとめます。

頑固な漁師・太田滋郎

「おかえりモネ」気仙沼編では、東京から地元へと戻った百音(清原果耶)が、気象予報会社「ウェザーエキスパーツ」気仙沼支社第1号社員として奮闘する姿が描かれていきます。

気仙沼で地域に根ざした気象予報のあり方を模索していく百音は、昔気質の漁師・太田滋郎(おおた・じろう)に対し、漁業に気象情報を役立てられないかと持ちかけることになります。

経験と勘を頼りに厳しい世界を生き抜いてきたベテラン漁師・太田は当初、百音を煙たがりますが、次第に気象情報の重要さを理解していき…。

名バイプレイヤー・菅原大吉

漁師・太田滋郎を演じている俳優の菅原大吉(すがわら・だいきち)は、宮城県加美郡加美町出身の61歳。映画やテレビドラマで脇役として広く活躍し、演出家・劇作家の水谷龍二の舞台作品にも多数出演していることでも知られます。

朝ドラファンであれば、なんといっても「あまちゃん」(2014年)で演じた弥生さんの夫・今野あつし役が思い出されるでしょう。「ブティック今野」を経営する飄々とした商工会長役はハマり役でした。

2018年には朝ドラ「まんぷく」にも出演。「たちばな栄養食品」に対し税の取り立てを行う「東京財務局 国税査察部」の役人・増岡丈治役を演じています。

また、フジテレビドラマ「ラストホープ」(2013年・倉本茂役)やNHKBSプレミアムドラマ「獄門島」(2016年・荒木村長役)、大河ドラマ「おんな城主 直虎」(2017年・鈴木重時役)、映画「マークスの山」(1995年・浅野剛役)、「太陽の蓋」(2016年・枝野幸男役)など多数作品にも出演。

テレビ朝日の人気ドラマ「相棒」シリーズにも複数回登場しており、2017年には警察庁警備局局長 警視監・山崎哲雄役でレギュラー放送(season15)、劇場版に出演しています。

宮城県加美町出身

お笑いコンビ「ピンクの電話」のツッコミ担当である妻・竹内都子とは、劇団七曜日の活動がきっかけで一緒になっており、夫婦の二人芝居ユニット「夫婦印」を立ち上げるなど、同業者夫婦として精力的な活動を行なっています。

また、菅原大吉の実家は宮城県・加美町で米粉を扱う製菓原料製造販売「菅原商店」を経営しており、同商店の女将で義姉にあたる方がブログ上で「菅原大吉・竹内都子情報」を発信しています。

宮城県北西部の加美町で生まれ育ったとあり、幼い頃から気仙沼産のカツオやホヤ、ウニなどの水産物を「辟易するほど」食べていたという菅原大吉。ヒロインの母・亜哉子役の鈴木京香(仙台市出身)、気仙沼編から登場する市役所職員・遠藤克敏役の山寺宏一(塩竈市出身)とともに、ご当地・宮城県出身俳優としてドラマを盛り上げてくれそうです。

スポンサーリンク


PAGE TOP ↑