「おかえりモネ」カフェ椎の実の店員・菊地里乃 女優・佐藤みゆきが演じる

NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」で、ヒロインが働く森林組合に併設されているカフェ「椎の実」で働く従業員・菊地里乃についてまとめます。

菊地里乃を演じているのは、朝ドラ「花子とアン」にも出演した女優・佐藤みゆきです。

百音を見守る?カフェ「椎の実」の人々

登米に移住した百音(清原果耶)が働く米麻町森林組合は、町の複合施設「登米夢想」に事務所を構えています。この「登米夢想」には他に診療所や木工所、カフェなどが併設され、百音は多くの人々と出会い、交流をしていきます。

カフェ「椎の実」の従業員・菊地里乃(佐藤みゆき)も、百音と親しくなっていく人物の一人。里乃は同じ敷地内で働く百音とすぐに打ち解け、時には忙しいランチタイムに百音に手伝ってもらうことも。

椎の実には地元のおばちゃんたち(吉田みよ子、井上千代子、小野文子)が常連として通っており、里乃とともに百音を可愛がっていきます。よねま診療所の若手医師・菅波光太朗(坂口健太郎)と百音が急接近していくと、椎の実の人たちはいつ二人がくっつくのかヤキモキし、野次馬根性を見せ…。

福島出身の女優・佐藤みゆき

 
 
 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 

 

 

 

 
 

 

 

 

 
 
 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 

 

佐藤みゆき(@satoukichiyome)がシェアした投稿

 

 

 

菊地里乃を演じているのは、ドラマの舞台である宮城県のお隣、福島県田村市出身の36歳の女優・佐藤みゆきです。

会津大学短期大学部食物栄養学科を卒業後に一度は栄養士となったものの2009年頃に女優に転身。多数の舞台に出演して経験を積むほか、NHK「八重の桜」(2013年・山川常磐役)、「島の先生」(2013年・木内奈央役)、「サイレント・プア」(2014年・山川常磐役)などに出演。

2016年にはNHK朝ドラ「花子とアン」の第2週において、ヒロインが入学した修和女学校の寄宿舎で同室となる先輩・一条高子役で出演。本科在籍中にエリート外交官から縁談を持ち込まれるお嬢様生徒役を演じています。

2017年には富山県を舞台にした映画「真白の恋」の主演・渋谷真白役に抜擢。見た目にはわからない軽度の知的障がいを抱えながら平穏な日常を過ごし、東京から来たカメラマンに恋心を抱いてしまう女性役を好演しています。この作品における繊細な演技は高い評価を得ており、第32回高崎映画祭で最優秀新進女優賞を受賞しています。

私生活では2017年にミュージシャン・音楽プロデューサーの黒沢秀樹と結婚。翌年に第一子が誕生しています。

 
 
 

 

 

 

 

 

 

 
 
 
 
 

 

 

 

 
 

 

 

 

 
 
 

 

 

 

 

 

 

 
 

 

 

 

佐藤みゆき(@satoukichiyome)がシェアした投稿

 

 

 

関連記事
「おかえりモネ」カフェ常連客の井上千代子 女優・高柳葉子が演じる
「おかえりモネ」カフェ常連客の吉田みよ子 女優・大島蓉子が演じる
「おかえりモネ」森林組合・佐々木翔洋 俳優・浜野謙太が演じる
「おかえりモネ」森林組合職員・木村慎一 アベラヒデノブ(俳優・映画監督)が演じる
「おかえりモネ」ロケ地 風車と米麻町森林組合、よねま診療所(登米夢想)の建物 宮城県登米市長沼フートピア公園
「おかえりモネ」登米編のロケ地・石ノ森章太郎ふるさと記念館

スポンサーリンク


PAGE TOP ↑