「おかえりモネ」ヒロイン百音の恋のお相手、結婚相手候補は?

NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」で清原果耶が演じるヒロイン・永浦百音の恋のお相手となる可能性がある登場人物をまとめておきます。

自然や気象と向き合う青春群像劇

「おかえりモネ」は、宮城県気仙沼に浮かぶ自然豊かな島で生まれた百音(清原果耶)が、東日本大震災の経験を経て気象予報士を目指していく物語。百音は生まれ育った亀島、高校卒業後に移住する登米、そして気象予報士として成長する東京と、各地で様々な人と出会い、交流を深めていきます。

事前情報やあらすじを見る限り、百音と恋愛関係に発展しそうな相手は幼なじみの漁師見習い「りょーちん」こと及川亮(永瀬廉)と、登米で出会う青年医師・菅波光太朗(坂口健太郎)の二人となりそうです。

※「おかえりモネ」は大型台風が日本を襲う2019年あたり、1995年生まれの百音が24〜25歳前後になるまでが描かれる予定です。被災地である故郷との向き合い方がドラマの大きなテーマであり、ヒロインが結婚まで至るのかは現在のところ不明です。

幼なじみの漁師「りょーちん」

亀島の幼なじみ「りょーちん」こと及川亮は、元天才漁師を父に持つ駆け出しの漁師。震災で船を失って以来酒浸りになってしまった父を持つ亮ですが、普段は悩みなどなさそうに明るく振る舞っています。

そんな亮の心が揺らぐのが、気心の知れた幼なじみである百音と一緒に居る時です。自分よりも他人のことを心配してばかりで似た者同士の二人が、本当の意味で心を開き合う日が来るのでしょうか。

無愛想な青年医師・菅波

一方の青年医師・菅波光太朗。高校を卒業して登米にやってきた百音は、職場である森林組合に併設された診療所で働く菅波と親密になっていきます。

出会った当初、無愛想な菅波に対し悪い印象を持っていた百音ですが、たまたま菅波と乗り合わせたBRT(バス高速輸送システム)で至近距離で話をするうちに、菅波の人となりを知ることになります。

やがて気象予報士の資格を取るという夢を見つけた百音は菅波からアドバイスや激励を受け続けるのですが、周囲はその様子をニヤニヤと、もどかしく見守っている状態。誰からもお似合いと思われている二人ですが、なかなか進展せずに百音が上京。東京で運命の再会を果たすものの、もどかしい関係が続き…。

りょーちんはモテモテ 未知や明日美も…

百音にとって大切な存在である亮ですが、本人の自覚のないところで(?)異性からモテまくっています。

百音の妹・未知(蒔田彩珠)は亮に好意を抱いているのがミエミエですし、「亮の(自称)元カノ」だという同級生の明日美(恒松祐里)に至っては、毎年亮に告白をするのが季節の風物詩になっていたほど。

菅波に対し淡い恋心を募らせていく百音ですが、一方で震災で傷ついたままの亮から頼りにされると、未知から「ズルい」と激しい嫉妬心をぶつけられてしまいます。

菅波と恋人関係に進展

なかなか進展せずにいた百音と菅波の関係でしたが、第16週後半あたりで大きく変化を見せていきます。亮からの告白を拒絶した百音は、「あなたの痛みは僕にはわかりません。でもわかりたいと思っています」と伝える菅波を受け入れ、二人はようやく恋人の関係になるようです。

百音、亮、菅波、未知の四角関係はこれにて一段落。百音はやがて登米移住することになる菅波と良好な関係を築きながら、仕事に没頭していくことになります。亮と未知の関係などは、物語最終局面となる「気仙沼編」で後日談が描かれていきそうです。

内田と明日美が…?

また、第17週では新しい気象キャスター候補となった内田衛(清水尋也)のスーツを明日美が選んであげるシーンが登場。

「マモちゃん、これが似合うよ!」といつもの調子で楽しそうにスーツ選びを行う明日美ですが、果たしてこの二人が異性として惹かれ合う展開があるのか、少し気になるところです。

関連記事
朝ドラ「おかえりモネ」全体のあらすじ、ドラマ概要まとめ
朝ドラ「おかえりモネ」出演者・キャスト(第一弾)が発表 ヒロインの家族たち
【おかえりモネ・ヒロイン】清原果耶の朝ドラ出演作品、役柄まとめ「あさが来た」「なつぞら」

スポンサーリンク


PAGE TOP ↑