「おかえりモネ」陸上競技場のロケ地は「レモンガススタジアム平塚」 車いすアスリート・鮫島祐希が走る

NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」で、車いすマラソンのアスリート・鮫島祐希(菅原小春)が練習する陸上競技場の撮影場所、ロケ地をまとめます。

車いすのアスリート・鮫島祐希

「おかえりモネ」東京編では、気象予報士としての道を歩み始めた百音(清原果耶)が様々な人に出会い、成長していく姿が描かれていきます。

車いすマラソンのアスリート・鮫島祐希(さめじま・ゆうき)も、百音に大きな影響を与えていく人物のひとり。

鮫島は、パラリンピックの代表選考会で熱中症になり代表を逃したという苦い経験を持っており、次のパラリンピックになんとしても出場したいと熱望しています。競技開催日の気象情報や、自身のコンディショニングのサポートなどを求めて鮫島が「ウェザーエキスパーツ」社を訪ねたことから、鮫島と百音の交流が深まっていくようです。

レモンガススタジアム平塚で練習(?)シーン


東京編の予告映像では、菅原小春演じる鮫島が陸上競技場で必死に練習するシーンが登場しています(8月10日・第62回)。

一連のシーンの撮影に使用された陸上競技場は、スタンドの形状、照明灯のデザインなどから神奈川県平塚市にあるレモンガススタジアム平塚で間違いないでしょう。

レモンガススタジアム平塚(平塚競技場。旧:Shonan BMWスタジアム平塚)は、平塚市総合公園内にある陸上競技場。

1987年に旧農林水産省果樹試験場跡地に整備された平塚市総合公園の中核施設としてオープンした競技場で、1992年からはJリーグ・ベルマーレ(現・湘南ベルマーレ)の本拠地として使用されています。

施設はちらほらと老朽化も目立ちますが、かつてベルマーレで活躍した中田英寿氏の背番号にちなみ7番ゲートが「7・HIDEゲート」と命名されるなど、歴史あるスタジアムとして地域の人々に愛されています。

関連記事
「おかえりモネ」東京編 判明しているロケ地・撮影場所まとめ お天気中継屋上、銭湯、ウェザーエキスパーツ社屋など
「おかえりモネ」銭湯シェアハウス・東京築地の「汐見湯」 外観のロケ地・撮影場所は「明神湯」(東京都大田区)

スポンサーリンク


PAGE TOP ↑