「おかえりモネ」気象予報士・内田衛 俳優・清水尋也が演じる

NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」に登場する先輩気象予報士・内田衛(うちだ・まもる)についてまとめます。

内田衛を演じているのは、期待の若手俳優・清水尋也(しみず・ひろや)です。

花粉症アプリを手掛ける 内田衛

人気お天気キャスター・朝岡覚(西島秀俊)と出会ったことで気象予報の世界を知った百音。

後に気象フィールドワークのために再び登米にやってきた朝岡は、まだ二十代半ばだという二人の若手気象予報士も引き連れてきます。一人は防災分野に興味を持つ野坂碧(森田望智)、そしてもう一人が、花粉症対策アプリの実用化を目指しているという内田衛です。

内田衛は、どことなくオタクっぽい雰囲気のある頼りなさげな青年。その雰囲気とは裏腹に、難関の気象予報士に一発合格したという秀才であり、気象データを読み解く分析力は抜群です。

内田衛は、後に上京して気象予報会社で働くことになる百音とも関わる重要人物となりそうです。

俳優・清水尋也

 
 
 

 

 

 
 
 
 
 

 

 
 

 

 
 
 

 

 

 
 

 

清水尋也_Hiroya Shimizu(@hiroyashimizv)がシェアした投稿

 

内田衛を演じているのは、東京都出身で、身長186cmの長身が目を引く21歳の俳優・清水尋也(しみず・ひろや)です。4歳年上の実兄・清水尚弥が主演した映画「からっぽ」の試写会で事務所から誘われたことをキッカケに、俳優の道に進んでいます。

2012年に映画「震動」でデビューすると、2014年の衝撃作「渇き。」では壮絶ないじめを受け続ける「ボク」(瀬岡)役を演じて大きな話題に。続く2015年に出演した「ソロモンの偽証」では一転してクラスメートに恐怖を与え続ける不良・大出俊次役で出演をしています。

映画「ストレイヤーズ・クロニクル」(2015年・良介役)、「ちはやふる」シリーズ(2016年〜・須藤暁人役)、「ハルチカ」(2107年・檜山界雄役)などの人気作にも次々出演し、役柄によって見事に演じ分ける能力、画面映えするルックスにより、注目される存在になっていきます。

Amazon Prime(30日間無料期間あり)では会員特典として、清水尋也出演映画「ソロモンの偽証」、「3D彼女 リアルガール」、ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL AI 2018-」などが見放題(2021年5月現在)。Amazon PrimeからNHKオンデマンドも別途購入できるので、アカウントを持っておくと何かと便利です。

2018年に出演したドラマ「anone」(日本テレビ系)では、不治の病を患い入院している青年・紙野彦星役を演じて第11回コンフィデンスアワード・ドラマ賞新人賞を受賞。続いて同年のドラマ「チア☆ダン」(TBS系)に主人公の幼なじみ・椿山春馬役で出演したほか、「インベスターZ」(テレビ東京系)では学園の投資部で戦う主人公・財前孝史役でドラマ初主演を果たしています。

NHKドラマは2019年に「サギデカ」に若手刑事・戸山祐貴役で出演。朝ドラは「おかえりモネ」が初出演であり、その演技に期待がかかります。

▼2021年6月公開の劇場アニメ「映画大好きポンポさん」では主人公・ジーン(ポンポさんのアシスタント)の声を担当する清水尋也。

スポンサーリンク


PAGE TOP ↑