「おかえりモネ」森林組合事務員・山崎有香 女優の佐藤真弓が演じる

NHK連続テレビ小説「おかえりモネ」に登場する森林組合の事務職員・山崎有香(やまざき・ゆか)についてまとめます。

山崎有香を演じているのは、大河ドラマ「いだてん」などに出演したことで知られる女優・佐藤真弓です。

森林組合の事務員・山崎有香

ヒロインの百音が働き始める米麻町森林組合には、個性的な先輩たちが待ち構えています。

組合の事務職員・山崎有香は、百音の母に近い年齢。晴れて本採用となった百音に組合の仕事を教えてくれます。川久保(でんでん)、佐々木課長(浜野謙太)、木村(アベラヒデノブ)ら楽しい同僚たちに囲まれながら、百音は山と森の奥深さを学んでいくことになります。

「猫のホテル」所属 女優の佐藤真弓

山崎有香を演じているのは、東京都出身の52歳の女優・佐藤真弓(さとう・まゆみ)です。

国学院大学の演劇研究会出身者を中心に1990年に旗揚げされた劇団「猫のホテル」(千葉雅子主宰)のメンバーで、同劇団から派生した苦笑系コントユニット(劇団)「表現・さわやか」(池田鉄洋主宰)のメンバーとしても活動。舞台女優として広く活躍を見せていましたが、近年は映画やテレビドラマへの出演も増えている女優さんです。

ドラマ「IQ246〜華麗なる事件簿〜」(2016年・TBS)の法門寺家のお手伝い・淀役、「豆腐プロレス」(2017年・テレビ朝日)のプロレス解説者・時宗正子役、「PTAグランパ!」(2017年・NHK BS)のPTA役員・根本由美子役、「ひまわりっ 〜宮崎レジェンド〜」(2020年・テレビ宮崎)の猿渡副主任役などでレギュラー出演したほか、2019年のNHK大河ドラマ「いだてん」では足袋屋「播磨屋」主人の妻・黒坂ちょう役で出演をしています。

NHK朝ドラは「ちゅらさん」(2001年)に出演した経験があるとのこと(役柄不明)。近年、NHKでは「ミス・ジコチョー」「就活生日記」といった作品にも出演しており、こうした演技が目に止まっての朝ドラ抜擢かも知れません。

スポンサーリンク


PAGE TOP ↑