「なつぞら」週タイトル(サブタイトル)と週間視聴率まとめ

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「なつぞら」の各週の週タイトル(サブタイトル)、簡単な内容をまとめます。

また、週の平均視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区から算出)もあわせてまとめておきます。

第1週「なつよ、ここが十勝だ」…22.1%

戦争で親を亡くしたなつが、初めて十勝にやってくる。柴田家や天陽らと出会うなつ。

第2週「なつよ、夢の扉を開け」…22.2%

十勝でのなつの幼少期の暮らし。漫画映画との出会い、天陽との交流などが描かれた。

第3週「なつよ、これが青春だ」…22.6%

高校3年生になったなつは演劇部に入部。泰樹は農協と対立を深めている。

第4週「なつよ、女優になれ」…22.5%

演劇部で「白蛇伝説」を演じたなつ。この演劇をきっかけに、泰樹と農協が和解。

第5週「なつよ、お兄ちゃんはどこに?」…20.7%

信哉と再会したなつは、兄・咲太郎を探すために東京へ。ついに咲太郎と再会を果たす。

第6週「なつよ、雪原に愛を叫べ」…21.3%

洋平に連れられ、初めてアニメの製作現場を見学するなつ。北海道ではなつを巡り天陽と照男がスキーでバトル。

第7週「なつよ、今が決断のとき」…22.1%

吹雪で行き倒れて阿川家に助けられたなつ。その帰り道、朝焼けの山を見たなつは、アニメーターになることを決意。

第8週「なつよ、東京には気をつけろ」…21.6%

東京・新宿編がスタート。上京したなつは、川村屋で働きながらアニメーターを目指すことに。

第9週「なつよ、夢をあきらめるな」…20.8%

二度目の東洋動画の採用試験でようやく合格したなつ。風車の2階に転居し、修業の日々が始まる。

第10週「なつよ、絵に命を与えよ」…20.4%

仕上げ課で「白蛇姫」の製作に携わりながら、希望だったアニメーターへの登用を目指すなつ。

第11週「なつよ、アニメーターは君だ」…21.0%

「白蛇姫」製作は最終段階に。なつはついにアニメーター試験に合格を果たす。

第12週「なつよ、千遥のためにつくれ」…21.6%

妹・千遥を探して船橋に向かうなつと咲太郎。すでにそこに千遥はおらず、なつはアニメを頑張ることで千遥との再会を誓う。

第13週「なつよ、“雪月”が大ピンチ」…20.7%

雪次郎が川村屋から逃走。蘭子に憧れて演劇の道へ。なつは天陽の結婚を知り、動揺する。

第14週「なつよ、十勝さ戻ってこい」…21.6%

柴田牧場に千遥が姿を見せる。すぐに北海道に戻ったなつだったが、すでに千遥はおらず、会えずじまいに。

第15週「なつよ、ワクワクが止まらない」…20.2%

短編映画「ヘンゼルとグレーテル」の企画を提案するなつ。坂場や神地らと切磋琢磨をし、作品を練り上げていく。

第16週「なつよ、恋の季節が来た」…20.4%

夕見子と高山の駆け落ち騒動が描かれる。マコが結婚退職し、イタリアへ。

第17週「なつよ、テレビ漫画の幕開けだ」…20.6%

東洋動画初の原画担当女性アニメーターとなっていたなつは、テレビ班への異動を命じられる。雪次郎は蘭子に失恋。

第18週「なつよ、どうするプロポーズ」…20.2%

坂場からプロポーズを受けるなつ。しかし「神をつかんだ少年クリフ」の興行失敗で坂場は東洋動画を退職してしまう。

第19週「なつよ、開拓者の郷へ」…19.7%

結婚報告のために北海道を訪れるなつと坂場。農協に就職していた夕見子は、協同工場づくりに奔走する。

第20週「なつよ、笑って母になれ」…20.1%

なつの新婚生活スタート。風車が立ち退きを余儀なくされる。なつに妊娠が発覚。

第21週「なつよ、新しい命を迎えよ」…20.1%

マコプロダクション始動。なつは妊娠中も精力的に働き、ついに出産の日を迎える。

第22週「なつよ、優しいわが子よ」…20.4%

出産後、仕事復帰をしたなつ。幼い優を茜に預けて「キックジャガー」製作に邁進する。

第23週「なつよ、天陽くんにさよならを」…20.8%

天陽が病気で亡くなる。北海道に帰郷したなつは天陽に別れを告げ、マコプロ移籍を決意する。

第24週「なつよ、この十勝をアニメに」…20.4%

なつがマコプロに入社し「大草原の少女ソラ」の製作がスタートする。北海道ロケハン・取材を敢行。

第25週「なつよ、千遥よ、咲太郎よ」…21.4%

千遥となつが再会。千遥の離婚が成立する。

第26週「なつよ、あっぱれ十勝晴れ」…21.2%

「大草原の少女ソラ」の放送が終了し、なつは家族、千遥、千夏を連れて北海道へ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑