【なつぞら】なつの実母役で戸田菜穂が登場 朝ドラ「ええにょぼ」ヒロイン

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「なつぞら」9月17日に、初めてなつの実母の姿が登場しました。

なつの母を演じたのは、元朝ドラヒロインの戸田菜穂です。

千遥の天丼で思い出す 亡き母の姿

9月17日(火)の放送では、咲太郎、なつ、光子、信哉、明美が神楽坂の料理屋「杉の子」を訪ね、千遥と再会するシーンが描かれました。

一見さんの客を装って「杉の子」にやってきたなつたちは、千遥が作る料理の美味しさに感激。特に、咲太郎のリクエストで締めの料理として出て来た天丼は絶品で、咲太郎となつは幼き日に食べた父の天丼の味を思い出します。

なつは、幼き日のかすかな記憶をたぐる中で、天丼は父だけが作っていたわけではなく、出汁をひいてタレを作っていたのは母だったことを思い出します。父と母が仲良く働く姿、そして、母の優しい笑顔…。ほとんど記憶になかった母(戸田菜穂)の懐かしい姿が、千遥の天丼の味によって蘇ったのです。

元朝ドラヒロイン・戸田菜穂

在りし日の優しい母役を演じたのは、広島県広島市出身の45歳の女優・戸田菜穂(とだ・なほ)です。1990年、高校二年生の時に「ホリプロタレントスカウトキャラバン」でグランプリを獲得し、芸能界に入っています。

1993年にはNHK朝ドラ「ええにょぼ」で医者を目指すヒロイン・悠希役に抜擢され、一躍全国区の女優になっています。「なつぞら」には多数の「元朝ドラヒロイン女優」が登場していますが、戸田菜穂もそこに名前を連ねたことになります。

「なつぞら」に歴代の朝ドラヒロイン女優が集結 出演作まとめ

戸田菜穂は、その後もドラマ「スチュワーデスの恋人」(1994年・TBS・主演)、「ショムニ」(1998年〜・フジテレビ)、「anego」(2005年・日本テレビ)、「空飛ぶタイヤ」(2009年・WOWOW)、「軍師官兵衛」(2015年・NHK)などに出演。

昨年(2018年)も大河ドラマ「西郷どん」(NHK)や好評だったラグビードラマ「不惑のスクラム」(NHK)、石原さとみ主演ドラマ「高嶺の花」(日本テレビ)に出演するなど、変わらぬ美貌と演技力を武器に売れっ子女優として活躍を続けています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


朝ドラ、NHK番組の見逃しはU-NEXTがおすすめ!
PAGE TOP ↑