「ノーサイド・ゲーム」にホラン千秋が出演 病気の少年・雄太の母親役

スポンサードリンク

TBS日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」第3話(7月28日放送)に、ホラン千秋が出演することがわかりました。

ホラン千秋が演じる役柄や、ホラン千秋の女優としての活動履歴などをまとめます。

病気の少年・雄太の母

第3話では、アストロズが地元・府中に密着したチームに生まれ変わろうとする姿が描かれていきます。選手たちは仕事とラグビーの合間に、老人ホームや病院などを慰問するボランティア活動を行うことになるのですが、あまりの忙しさに選手たちは次第に疲弊していきます。

ホラン千秋が演じるのは、アストロズのメンバーが出会うことになる重い病気を抱えた少年・雄太の母親です。雄太はアストロズと出会ったことで病気と立ち向かう勇気を授かります。それを受けた母親が、今度はアストロズのメンバーに大きな影響を与えていくとのこと。

ドラマ屈指の感動シーンになるとのことで、ホラン千秋の演技に注目が集まります。

▼今回ホラン千秋が演じる母親役は、原作には登場していないドラマオリジナルの人物。

女優・ホラン千秋のプロフィール

TBS系夕方の情報番組「Nスタ」でキャスターを務めるなど、最近は司会者としてのイメージも強いホラン千秋。少し意外かも知れませんが、早い段階から女優としてドラマにも出演してます。

女優デビューは、東京都立国際高等学校に通っていた2005年に出演したテレビ朝日系特撮ドラマ「魔法戦隊マジレンジャー」。妖幻密使バンキュリアが分離した際の少女のうちの一人、ナイ役で出演しています。

ドラマ「マイ☆ボス マイ☆ヒーロー」(日本テレビ・2006年)の生徒・天堂由加里役、「メイちゃんの執事」(フジテレビ・2009年)の太陽四人衆・水沢聡美役、「陽はまた昇る(※)(テレビ朝日・2011年)、「大使閣下の料理人」(フジテレビ・2015年)などにも出演。

(※)「陽はまた昇る」に出演する際には、役作りのために長かった髪の毛をバッサリ切ってショートカットに。このイメチェンによりスタイリッシュな雰囲気が増し、結果的にキャスターやバラエティ番組のオファーが急増したとのこと。

TBS系列のドラマは2015年の日曜劇場「ナポレオンの村」に美人グルメ記者・坪内夏美役でゲスト出演したほか、2016年の金曜ドラマ「砂の塔〜知りすぎた隣人」ではタワーマンションの住人・尾野綾香役でゲスト出演し、タワーマンション内のヒエラルキーに鬱憤をためる女性役を好演しています。

▷(余談)自身の公式ブログに載せた弁当の数々が「茶色すぎる」「なんだか汚い」「雑」などと一部で酷評されてしまっているホラン千秋。本人も「墓場みたいなお弁当だ」などと自虐していますが、日常生活が極めて地味だという彼女の、飾らない性格が表れていて僕は好きです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


朝ドラ、NHK番組の見逃しはU-NEXTがおすすめ!
PAGE TOP ↑