【ノーサイド・ゲーム】アストロズ主将・岸和田徹 俳優・高橋光臣は元ラガーマン

スポンサードリンク

TBS日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」に登場するキャプテン・岸和田徹についてまとめます。

岸和田徹を演じるのは、人気俳優でラグビー経験者でもある高橋光臣です。

アストロズ主将・岸和田徹

岸和田徹はトキワ自動車の弱小ラグビーチーム「アストロズ」の主将であり、CTB(センタースリークォーターバック)としてチームを支えています。

突然の左遷により畑違いであるアストロズのゼネラルマネジャー職を命じられた主人公・君嶋(大泉洋)ですが、アナリストの佐倉多英(笹本玲奈)やキャプテン・岸和田らに支えられ、アストロズの改革に乗り出していきます。

アストロズにとって、岸和田のキャプテンシーは唯一無二のもの。常にチームのことを第一に考え、自らの活躍よりもチームの勝利や利益を優先する岸和田は、急激な変革を遂げ軋轢も生じていくアストロズにおいて、欠かせない存在になります。

俳優・高橋光臣 ラグビー経験者

アストロズの各メンバーには屈強なラグビー経験者たちが配役されていますが、岸和田徹を演じる俳優・高橋光臣(たかはし・みつおみ)もラグビー経験者の一人です。

高橋光臣は大阪府出身の37歳。中学時代にラグビーを始め、名門・啓光学園、東洋大学のラグビー部に所属。高校時代は今回の役柄と同じポジションであるセンター(CTB)やスクラムハーム、大学時代はフランカーとして活躍を見せました。

「ボウケンジャー」「梅ちゃん先生」

大学時代にラグビーでは一流になれないと悟ったこと、それに映画「ラストサムライ」を見て俳優業に興味を持ったことなどから俳優の道に進んでいます。

2006年にテレビ朝日「轟轟戦隊ボウケンジャー」の中心人物・明石暁/ボウケンレッド(声)役でレギュラー出演すると、2007年にはフジテレビドラマ「花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜」にも出演。次第に注目を集める存在になっていきます。

2012年にはNHK朝ドラ「梅ちゃん先生」にヒロイン・梅子(堀北真希)の恋人となる医学生・松岡敏夫役に抜擢。一躍お茶の間に知られる存在になっています。

ほかにもNHK大河ドラマ「西郷どん」(2018年)の 有村俊斎役やテレビ朝日「科捜研の女シリーズ」の刑事・権藤克利役、NHKBS「神谷玄次郎捕物控シリーズ」の主演・神谷玄次郎役など、幅広い役柄で活躍を見せています。

また、「ノーサイド・ゲーム」と同じ池井戸潤原作のTBS日曜劇場「下町ロケット」では、佃製作所に不満を覚え敵対企業・サヤマ製作所に入社してしまう社員・中里淳役を好演。2018年にはラグビーが題材となったNHKドラマ「不惑のスクラム」でラガーマン・二階堂謙信役を演じ、迫力あるラグビーシーンを披露しています。

関連記事
TBS日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」登場人物、出演者キャストまとめ
「ノーサイド・ゲーム」アストロズ浜畑譲 演じる廣瀬俊朗は元日本代表のカリスマキャプテン
「ノーサイド・ゲーム」あらすじ、大まかなストーリーまとめ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑