「ノーサイド・ゲーム」あらすじ、大まかなストーリーまとめ

スポンサードリンク

TBS日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」の大まかなあらすじ、ストーリーを原作を参考にしつつまとめます。※原作と内容が変更になる場合があります。

ドラマは基本的に原作に沿ってストーリーが進むと考えられますが、原作では「日本蹴球協会」(現実では日本ラグビーフットボール協会)や「プラチナリーグ」(現実ではジャパンラグビートップリーグ)の運営を痛烈に批判するような内容が含まれており、テレビでこうした内容が描かれるかは不透明です。

左遷先でお荷物ラグビー部のGMに

「ノーサイド・ゲーム」は、大手自動車メーカー「トキワ自動車」の経営戦略室に勤める幹部候補のエリートサラリーマン・君嶋隼人(大泉洋)を主人公とした企業ドラマ、スポーツドラマです。

商社「カザマ商事」の大型買収案件の是非を巡り、トキワ自動車常務取締役・滝川桂一郎(上川隆也)と意見が対立した末、本社から府中工場に飛ばされてしまった君嶋。左遷先で総務部長となった君嶋を待っていたのは、会社のお荷物ラグビー部「アストロズ」のゼネラルマネジャーを兼務せよ、という上からの命令でした。

ラグビーに関してはまったくの素人だった君嶋。当初、アストロズの部員たちは君嶋がラグビー部を潰すためにやってきたと思い込み、君嶋に反発していきます。しかし少しずつ君嶋は部員たちに認められ、アストロズのアナリスト・佐倉多英(笹本玲奈)やキャプテン・岸和田徹(高橋光臣)ら仲間の手助けを受けながら、人気も成績も低迷している大赤字チーム・アストロズの大改革に着手していきます。

▼「半沢直樹」「下町ロケット」などの原作者として知られる池井戸潤氏の書き下ろし最新作。退屈を感じさせないストーリー展開で文章も平易で読みやすいので、あっという間に読破できます。

アストロズの大改革 そして混乱

君嶋がGMに就任したアストロズは、失意のうちに母校の監督の座を追われた名将・柴門琢磨(大谷亮平)を招聘するなどチームの強化を推進。参加している社会人ラグビーのトップリーグ「プラチナリーグ」で王座に君臨する因縁の相手・サイクロンズの打倒を目指し、負け犬根性が染み付いたチームの変革を目指します。

一方で地元の老人ホームや保育園に出向いてファンの獲得活動を行ったり、次世代のラグビーファン獲得を目指す「ジュニア・アストロズ」の創設などを実現させるなど、本社の資金に依存しない運営形態を模索。君嶋は限られた予算と格闘しながら、GMとして次々にチーム強化策を遂行していきます。

当然ながらこうした急激な変革についていけず、不満を漏らす部員も出てきます。

君嶋が要求するファンサービスやボランティア活動の負担に対しチーム内から不満が噴出するほか、若手を起用する新監督の采配に対しベテラン選手が不信感を覚えるなど、アストロズはチームのあちらこちらに火種を抱えていくことになります。

また、一度は挫折してラグビーを諦めた選手や、自らの身体の衰えに怯えながらプレーするベテラン選手、廃部の噂に動揺する選手など、アスリートとしての引き際、一社会人としてのあり方などに葛藤する選手たちの様子も描かれていきます。

企業スポーツ・ラグビーの問題点

君嶋がぶつかり合うのは、グラウンドで戦う選手たちだけではありません。

君嶋は、アストロズの廃部を強く主張する滝川ら会社の上層部だけでなく、旧態依然のアマチュア体質が蔓延するラグビー界、協会のしがらみとも戦っていきます。

現状の企業ラグビーチームならびにプラチナリーグの活動は、母体である企業の健全な経営、巨額の負担があって初めて成り立つものであり、収益構造的に自立しているとは言えないようです。

君嶋は、地域から愛され企業活動にも貢献する強いアストロズ、そして瀕死の状態にあるプラチナリーグの収益構造の改革を目指し、「お偉いさん」たちと格闘していきます。

カザマ商事の買収案件

物語のもう一つの柱となるのが、トキワ自動車が進める商社・カザマ商事買収案件を巡る君嶋と滝川とのバトル、そして野望うずまくトキワ自動車社内の権力闘争の人間模様です。

船舶などに用いられるバンカーオイルを主に扱うカザマ商事は、創業家3代目のボンボン・風間有也(中村芝翫)が社長。風間は学生時代からの遊びグセが抜けず社長業もおざなりであり、親から受け継いだ会社を高い値段で売り抜けようと目論んでいます。

君嶋の宿敵・滝川は、次期社長への花道とするためにこのカザマ商事の買収案件を強権的に進めていくのですが、どう考えてもリスクが大きいこの巨大買収案件を前に、君嶋は繰り返し反対意見を出していきます。

やがてストーリーの展開とともに、滝川と風間をめぐる過去の因縁、そして、カザマ商事が買収成立のためにひた隠しにしている衝撃の事実が明るみになると、物語終盤で池井戸潤作品お馴染みの「大逆転劇」が繰り広げられそうです。

出世、野心、裏切り…ビジネスの世界で跋扈する魑魅魍魎の人間模様と、屈強なラガーマンたちの熱き戦い。果たして出世街道を外れてしまった君嶋は宿敵にリベンジを果たし、再起を図れるのか。企業ドラマとスポーツドラマが融合した、良質なエンターテインメント作品となっていきそうです。

関連記事
「ノーサイド・ゲーム」に登場する企業、団体まとめ
TBS日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」登場人物、出演者キャストまとめ

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


朝ドラ、NHK番組の見逃しはU-NEXTがおすすめ!
PAGE TOP ↑