「おちょやん」第1回(11月30日)あらすじ、出演者、見どころ

NHK連続テレビ小説「おちょやん」第1回(11月30日・月曜日)放送のあらすじ、主な出演者、番組の見どころなどをまとめます。

第1回のあらすじ

「おちょやん」第1回のあらすじ、ストーリーは以下のとおり。週タイトルは「うちは、かわいそやない」です。

大正5年。竹井千代(毎田暖乃)は大阪の南河内で貧しい農家の家に生まれた。幼い頃に母を亡くし、飲んだくれの父テルヲ(トータス松本)と弟ヨシヲと三人で暮らしていた。千代は口が達者な元気な女の子だったが、父の留守中は、小さい弟の面倒を見ながら、生活のため、鶏の世話をしなければならず、小学校にも通えずにいた。隣近所の子どもに陰口を叩かれる日々。そんなとき、テルヲが新しい母親、栗子(宮澤エマ)を連れて帰る。

※NHKの番組表から引用

第1回の出演者

杉咲花、成田凌、篠原涼子、トータス松本、毎田暖乃、宮澤エマ、三戸なつめ、烏川耕一 【語り】桂吉弥

「おちょやん」見逃しはU-NEXT無料トライアル利用がお得!

日本最大級の動画配信サービスU-NEXT (180,000本以上の作品が見放題)がNHKオンデマンドとも提携しています。

U-NEXTの31日間無料トライアル申し込みでもらえる特典(=1,000円分のポイント)を投入すれば、提携しているNHKオンデマンド・見放題コース(月額990円)を最大一ヶ月間お試しで楽しめます。 「おちょやん」や「麒麟がくる」、過去の朝ドラ・大河ドラマなどが大量に見放題。

▼詳しくはこちらのリンク先の記事にまとめています。
U-NEXTでNHKオンデマンドを利用する方法や注意点、解約・退会方法などまとめ

見どころ、概要 「令和のおしん」?

「おちょやん」第1週の放送では、ヒロイン・千代(毎田暖乃)の壮絶な少女時代が描かれていきます。

幼い頃に父を亡くし、飲んだくれで女好きの父・テルヲ(トータス松本)に代わり鶏の世話、家事、弟のおもりなど家仕事の一切を一人で背負ってきた千代。

ボロボロの衣服を身にまとい小学校にも通わせてもらない極貧生活、村の子どもたちから異質な存在としてバカにされ続ける屈辱の日々…。そんな苦しい生活が、「ある人物」の登場により激変の兆しを見せます。

「ある人物」とは、父が突然家に連れてきた再婚相手・栗子(宮澤エマ)。第1週では突然やってきた強烈な継母・エマと千代とのすったもんだの出来事が描かれていきそうです。

栗子は、ヒロインのモデル・浪花千栄子が「悪妻の見本のような人」と軽蔑心を持ち続けた継母がモチーフ。一体栗子はどんな人物なのか、第2回以降で徐々に本性が明かされていきます。

【おちょやん】千代の新しい母・竹井栗子(宮澤エマ) モデルは浪花千栄子の継母

第1回の出演者の中に、早くも上方喜劇や演芸に関わる人物が含まれています。竹井家の隣人・小林家の主人・辰夫役に吉本新喜劇で活躍する烏川耕一。そして、小林家のおばあさん・ウメ役に「かしまし娘」(松竹芸能)の三女・正司花江が起用され、上方の空気感が醸し出されています。

▼ヒロインの少女時代役に大抜擢された子役・毎田暖乃の演技にも注目が集まっています。
「おちょやん」ヒロイン・千代の少女時代 子役・毎田暖乃は「スカーレット」にも出演

「おちょやん」第2回(12月1日)あらすじ、出演者、見どころ

スポンサーリンク


PAGE TOP ↑