「おちょやん」第5回(12月4日)あらすじ、出演者、見どころ

NHK連続テレビ小説「おちょやん」第5回(12月4日・金曜日)放送のあらすじ、主な出演者、番組の見どころなどをまとめます。

第5回のあらすじ

「おちょやん」第5回のあらすじ、ストーリーは以下のとおり。週タイトルは「うちは、かわいそやない」です。

子どもを授かった栗子(宮澤エマ)は、千代(毎田暖乃)とヨシヲを奉公に出すことをテルヲ(トータス松本)に提案。憤慨する千代は栗子を追い出そうと策略を練るが、栗子を慕う者も居て、心持ちは複雑だ。さらにヨシヲが山奥で迷子になったのが、栗子の体を気遣って薬草を取るためだったことを知りショックを受ける千代。居場所の無さを実感しつつも、ヨシヲの幸せを願う心から煮え切らない父テルヲの真意を問い詰めるのだった…。

※NHKの番組表から引用

第5回の出演者

トータス松本、毎田暖乃、宮澤エマ、三戸なつめ、烏川耕一、正司花江【語り】桂吉弥

「おちょやん」見逃しはU-NEXT無料トライアル利用がお得!
日本最大級の動画配信サービスU-NEXT (180,000本以上の作品が見放題)がNHKオンデマンドとも提携しています。

U-NEXTの31日間無料トライアル申し込みでもらえる特典(=1,000円分のポイント)を投入すれば、提携しているNHKオンデマンド・見放題コース(月額990円)を最大一ヶ月間お試しで楽しめます。 「おちょやん」や「麒麟がくる」、過去の朝ドラ・大河ドラマなどが大量に見放題。

▼詳しくはこちらのリンク先の記事にまとめています。
U-NEXTでNHKオンデマンドを利用する方法や注意点、解約・退会方法などまとめ

見どころ、概要 海原かなたが登場

第5回では千代(毎田暖乃)が家での居場所を完全に失い、家を去って道頓堀へと旅立つ過程が描かれていきます。

新たな生命を授かったことで、邪魔になった千代とヨシヲを奉公に出し家から追い出そうとする継母・栗子(宮澤エマ)。父・テルヲ(トータス松本)も惚れた女の顔色をうかがい煮え切らない態度を繰り返すなど、千代は家の中で孤立を深めていきます。

千代のこうした悲しい生い立ちは、モデル人物である浪花千栄子の少女時代の辛い思い出がモチーフになっています。千栄子は継母との関係が険悪になったことで家庭内に居場所を失い、わずか8歳で道頓堀に女中奉公に出されています。

結果的に千栄子が女優として大成した背景には、少女時代の受難により、忍耐強く勝ち気な性格を身に着けたという事情がありました。第1週の栗子と千代のバトルは、千代の今後の人生に大きな影響を与えていきそうです。

▼「おどりゃー!」などの河内弁を豪快に駆使する千代。オーディションにおいて満場一致でヒロインの座を獲得したという子役・毎田暖乃の演技が注目を集めそうです。
「おちょやん」ヒロイン・千代の少女時代 子役・毎田暖乃は「スカーレット」にも出演

第4回あらすじ、見どころ

第6回あらすじ、見どころ

スポンサーリンク


PAGE TOP ↑