朝ドラ「おちょやん」(前半)主要出演者、キャストまとめ

スポンサードリンク

2020年後期から放送開始予定のNHK連続テレビ小説「おちょやん」の、主な出演者・キャスト、登場人物をまとめます。

※この記事では、2020年9月時点で判明している出演者をまとめています。今後追記していく予定です。

主人公家族・竹井家

大阪・南河内の貧しい一家に生まれたヒロイン・竹井千代。幼い頃に母を亡くし父と弟の三人で暮らしていた千代ですが、継母・栗子が家にやって来ると、竹井家に波風が立ち始めます。

ヒロイン・竹井千代(杉咲花)
ヒロインの父・竹井テルヲと(トータス松本)
ヒロインの継母・竹井栗子(宮澤エマ)

大阪・道頓堀の人々

千代は9歳の時に、大阪・道頓堀の芝居茶屋「岡安」に女中奉公に出ます。千代はこの道頓堀で芸能に関わる様々な人々と出会い、芝居の世界に魅了されていきます。

「岡安」女将・岡田シズ(篠原涼子)
「岡安」主人・岡田宗助(名倉潤)
「岡安」の娘・岡田みつえ(東野絢香)
「岡安」先代女将・岡田ハナ(宮田圭子)

「福富」女将・富川菊(いしのようこ)
「福富」息子・富川福助(井上拓哉)

芝居・喜劇に携わる人々

「おちょやん」では、当時の上方喜劇界に関わった人物をモチーフにした、多彩な人物が登場していきます。

喜劇界のプリンス・天海一平(成田凌)
喜劇界のアドリブ王・須賀廼家千之助(星田英利)
喜劇の巨人・須賀廼家万太郎(板尾創路)
天海一平の父・初代 天海天海(茂山宗彦)
劇場支配人・熊田(西川忠志)

上方演劇界のドン・大山鶴蔵(中村鴈治郎)
スター女優・高城百合子(井川遥)
千代の最初の師匠・山村千鳥(若村麻由美)

京都の人々

わけあって道頓堀を出た千代は、京都のカフェー「キネマ」で働くことになります。この時期、千代は同年代の友人たちと出会い、女優になるという夢を育んでいきます。

カフェーキネマ店主・宮元潔(西村和彦)
カフェーキネマ女給・宇野真理(吉川愛)
カフェーキネマ女給・若崎洋子(阿部純子)
山村千鳥一座の座員・薮内清子(映美くらら)

鶴亀撮影所の人々

女優になる夢を追い、鶴亀撮影所の大部屋女優となる千代。千代はここで「初恋の人」に出会うなど、人生が大きく動き始めます。

鶴亀撮影所の助監督・小暮真治(若葉竜也)
鶴亀撮影所の所長・片金平八(六角精児)
鶴亀撮影所の守衛・守屋(渋谷天外)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑