「おちょやん」お父さんはお人好しナレーション・NHKアナウンサー林田伸太郎役 俳優・野田晋市が演じる

NKK連続テレビ小説「おちょやん」劇中に登場しているラジオドラマ「お父さんはお人好し」で、番組のナレーション(語り)を担当しているNHKアナウンサー・林田伸太郎を演じている俳優・野田晋市(のだ・しんいち)についてまとめます。

「お父さんはお人好し」ナレーション 山川静夫アナ風?

「おちょやん」5月4日(火)第107回の放送では、ついに千代の復帰作となる生放送のラジオドラマ「お父さんはお人好し」の放送がスタート。ぶっつけ本番で演技に臨む出演者たちの緊迫の様子が描かれています。

番組の冒頭では、NHKアナウンサー・林田伸太郎(演:野田晋市)の落ち着いた声により、物語の主役である大家族藤森家の概要などを説明するナレーションが流れています。林田伸太郎アナは七三分けの髪型に丸メガネ。いかにもNHK職員といった出で立ちです。

史実では「お父さんはお人好し」のナレーションを鵜飼健支、福室喜男、波多江良文、山川静夫といったアナウンサーたちが担当しています。この日登場した林田伸太郎は、NHKの名物アナウンサーとして紅白歌合戦の司会を長年担当しフリーに転身後もお茶の間に愛された山川静夫アナウンサー(現在88歳)に何となく風貌が似ている気もしますね。

俳優・野田晋市

▼リコモーション・野田晋市のプロフィールページ。画像をクリックすると、リンク先のプロフィールページに飛びます。

NHKアナウンサー・林田伸太郎役を演じたのは、芸能事務所「リコモーション」に所属する52歳の俳優・野田晋市(のだ・しんいち)です。ドラマの地元である大阪府の出身で、1990年代から活躍する俳優さんです。

「リコモーション」といえば、楠見薫(女中・かめ役)や西村亜矢子(山村千鳥一座・シゲ役)、岡嶋秀昭(福富主人・富川福松役)、それにこの日の放送で仲人・木村役で登場した国木田かっぱなど、「おちょやん」に出演している俳優も多数所属しています。

映画「リング」(1998年)やドラマ「科捜研の女」「夜桜お染」「メイド刑事」(1994年)、「幻想ミッドナイト」(1997年)、「浪花少年探偵団」(2000年)などに出演をしていた野田晋市。

2002年にはNHK朝ドラ「まんてん」に気象予報会社ウェザーウエストのメンバー・野口健司役でレギュラー出演。続く朝ドラ「わかば」(2004年)でヒロインの親友の夫・安住義洋役、「風のハルカ」(2005年)では映画の助監督・向島則夫役を演じています。

ほかにも映画「交渉人・真下正義」(2005年)、「おっぱいバレー」(2009年)に出演したほか、近年ではNHKドラマ「不惑のスクラム」(2018年)や「心の傷を癒すということ」(2020年)などにも出演をしています。

関連記事
【おちょやん】「お父さんはお人好し」藤森家の大家族、兄弟12人の出演者(俳優・子役)まとめ

スポンサーリンク


PAGE TOP ↑