「おちょやん」大部屋女優・遠山弥生 元宝塚の女優・木月あかりが演じる

NHK連続テレビ小説「おちょやん」で、撮影所のいじわるな大部屋女優・遠山弥生を演じる女優・木月あかりについてまとめます。

大部屋女優・遠山弥生

千代が所属することになる京都の鶴亀撮影所(鶴亀映画・京都撮影所)には、多数の大部屋女優が在籍しています。

実績ある大物の女優とは違い、駆け出しの大部屋女優たちは激しい競争世界の中で生きています。そのため、女優同士の嫌がらせ、足の引っ張り合いは日常茶飯事。

大勢の女優たちが化粧をしている大部屋に案内された千代は、さっそく遠山弥生や川奈絹江といった先輩女優から「お金を出せば鏡台を使ってもいい」などと嫌がらせを受けます。

いかにも意地悪そうな遠山弥生ですが、後に千代に思わぬチャンスを与えてくれます。出演の時間までに髪結いが間に合わず焦る遠山弥生をとっさに千代が助けると、遠山弥生はその借りを返すため、千代に自分の出番を譲ってくれて…。

元宝塚歌劇団 女優・木月あかり

遠山弥生を演じるのは、兵庫県姫路市出身の26歳の女優・木月あかりです。

木月あかりは、2012年から2018年まで宝塚歌劇団に所属し(98期生)、叶海世奈(かなみ せな)の名で雪組の男役として活躍した経歴を持ちます。同期には花組に所属する男役スター・飛龍つかさ、雪組トップ娘役・真彩希帆らがいます。

2018年に同歌劇団を退団すると、ドラマやミュージカル、映画に出演し女優としての活動を本格化しています。

2019年に舞台「ミュージカル小公女セーラ」でアメリア・ミンチン役を演じると、2020年にはミュージカル座「ブレイン・ストーム」に黄色いドレスの女役で出演。

2020年はWOWOWのオリジナルドラマ「彼らを見ればわかること」でハムレット役を演じたほか、完全リモート映画制作プロジェクト「おうちで映画制作部」による映画「ラストリモートショー」にもケイコ役で出演しています。

▼顧問と会員企業を繋げるマッチングサービス「顧問バンク」のCMに出演している木月あかり。

 

スポンサーリンク


PAGE TOP ↑