「おちょやん」ラジオドラマ長女・京子役(中村律子) 演じる女優は大橋梓 「オードリー」ヒロインの少女時代役

NHK連続テレビ小説「おちょやん」の劇中ラジオ劇「お父さんはお人好し」で長女・京子役(中村律子)を演じている女優・大橋梓(おおはし・あずさ)についてまとめます。

大橋梓はたびたび朝ドラに出演していますので、出演歴などを簡単にまとめます。

あとがない女優・中村律子 長女・京子役

千代(杉咲花)の女優復帰作であるラジオドラマ「お父さんはお人好し」は、大阪で果物屋を営む藤森夫婦と12人の子どもたちが繰り広げる喜怒哀楽のホームドラマとなっています。

藤森家12人きょうだいの長子である長女・京子を演じることになった女優・中村律子は、出演者の初顔合わせの時からなぜか浮かない顔をしています。

それもそのはずで、律子は女優として売れておらず、このラジオドラマがうまくいかなかった場合、所属している映画会社からクビを宣告される可能性があるのだとか。初回放送当日、不安な面持ちで台本から目を離せない律子に対し、千代はある言葉をかけて…。

【おちょやん】「お父さんはお人好し」藤森家の大家族、兄弟12人の出演者(俳優・子役)まとめ

U-NEXT


元子役女優・大橋梓 杉咲花よりも年上

不安そうに収録に臨む中村律子(長女・京子)役を演じているのは、大阪市出身の32歳で、関西を中心に女優活動を行っている大橋梓(おおはし・あずさ)です。

「おちょやん」劇中ではお母さん役を演じる40代の千代が子供役を演じる中村律子を優しく諭していましたが、実際の年齢は千代役の杉咲花が23歳、律子役の大橋梓が32歳であり、二人の年齢関係が逆転しています。

朝ドラにたびたび出演

大橋梓は、子役時代から俳優活動を行う芸歴の長い女優さんです。

1999年にTBS系ドラマ30「あぁ嫁姑」、2000年に同じくドラマ30「離婚計画」などに出演すると、2000年のNHK連続テレビ小説「オードリー」では、岡本綾が演じたヒロイン・佐々木美月の少女時代役に抜擢されています。

その後もドラマやCMなどに出演をしている大橋梓。NHK朝ドラにもたびたび出演しており、「ごちそうさん」の復員兵の妻役、「マッサン」の千人針を打つ女性役、「べっぴんさん」のヒロインから野菜もらう母親役、「わろてんか」のチェーホフを語る女学生役、「スカーレット」の中淀働く母の会・栄子役などを演じています。

スポンサーリンク


PAGE TOP ↑