「おちょやん」片岡松十郎が出演 歌舞伎役者・早川延四郎役

NHK連続テレビ小説「おちょやん」第3週に、歌舞伎役者の片岡松十郎(かたおか・まつじゅうろう)が出演します。

片岡松十郎が演じる役柄は、第3週に登場する歌舞伎役者・早川延四郎です。

第3週に登場予定

NHK番組表によれば、片岡松十郎が登場するのは第3週から(月曜から登場予定)。NHK番組表の第13回(12月16日水曜日)のあらすじ予告には以下のような文章があります。

大女優・高城百合子(井川遥)の失踪騒動と時を同じくして、道頓堀の劇場を沸かしていた歌舞伎役者、早川延四郎(片岡松十郎)。千秋楽をもって廃業する延四郎は、かつて深い因縁のあった岡安の女将シズ(篠原涼子)と20年ぶりの再会を果たす。その現場を見ていたライバル茶屋、福富のお茶子が「2人が不義密通の関係である」との噂を広め、道頓堀中に悪い評判がたつ。その最中、千代(杉咲花)を呼び止めたのは延四郎だった…

「おちょやん」放送開始前の予告番組(もうすぐ!連続テレビ小説「おちょやん」)では、片岡松十郎と思われる人物が歌舞伎役者を演じる姿が登場しています。上方歌舞伎塾同期の歌舞伎役者・片岡千壽も片岡松十郎の「おちょやん」出演に言及していますね。

▼額の傷からも、「夏祭浪花鑑」の団七九郎兵衛役を演じていると思われます。

シズの元想い人 歌舞伎役者・早川延四郎役

「おちょやん」第3週では、歌舞伎役者の早川延四郎(はやかわ・えんしろう)が登場し、岡安の女将・岡田シズ(篠原涼子)との遠い日の恋物語を演じます。

早川延四郎は、若き日のシズがお茶子修行をしていた時期に恋をしたお相手。修行に行き詰まっていたシズは、延四郎の励ましの言葉に助けられると、二人は恋仲になっていきました。

しかし、お茶子と役者の恋愛はご法度。母・ハナ(宮田圭子)の助言もありシズは駆け落ち直前で思いとどまると、後に現在の夫・宗助(名倉潤)と結婚し、女将業を継いでいます。

あれから二十年の時を経て、道頓堀・えびす座で「最後の公演」をしていた延四郎とバッタリ再会してしまったシズ。終わった恋に対しそっけない態度を貫くシズですが、延四郎はシズに宛てた手紙を千代に託し…。

片岡松十郎 プロフィール

1997年(平成9年)に設立された「松竹  上方歌舞伎塾」の一期生。1999年に同塾を修了すると、大阪松竹座「忠臣蔵」で石垣壮一郎の名で初舞台を踏む。同年末に片岡仁左衛門に入門し片岡松次郎を名のり、2012年には片岡松十郎を名のり名題に昇進している。

片岡千壽、片岡千次郎ら松竹の上方歌舞伎塾出身者とともに、定期的に「あべの歌舞伎 晴の会」を開催し研鑽を重ねている。知的で端正な顔立ちに魅了されるファンも多い。

スポンサーリンク


PAGE TOP ↑