「おちょやん」洋子の息子・進太郎役 子役・又野暁仁は「スカーレット」にも出演

NHK連続テレビ小説「おちょやん」1月11日(月)第26回に登場した洋子の息子・進太郎についてまとめます。

進太郎を演じる子役・又野暁仁は朝ドラ「スカーレット」に出演したことでも知られます。

洋子の息子・進太郎

京都のカフェー「キネマ」の先輩女給・若崎洋子(阿部純子)は、女優として少しだけ活動写真(映画)に出演した経験があり、店でも一番人気であるため少々プライドが高い女性です。

1月11日の放送では、そんな洋子に進太郎という息子がいることが明かされています。別れた夫と広島で暮らしている進太郎ですが、元夫が出張で地方に出かけるため、進太郎は数日間洋子に預けられたとのこと。

普段一緒に暮らしていないためか、洋子に心を開かないように見える進太郎。しかし、千代が人気漫画を原作にした舞台「正チャンの冒険」に出演することを知ると俄然興味を示し…。

子役・又野暁仁 「スカーレット」チビ武志役

▼水族館×動物園×美術館 生きているミュージアム「ニフレル」の広報CMに出演した又野暁仁(右)。

進太郎を演じる子役・又野暁仁(またの・あきひと)は、アイランドプロモーションに所属する7歳の子役。

テレビCM「ノーベル製菓・ペタグーグミ」「西松屋」「ひらかたパーク」「ニフレル」などに出演経験があるほか、テレビドラマ「天才を育てた女房」(読売テレビ・煕哉役)、「科捜研の女19」(テレビ朝日・香坂タケル役)、「大江戸妖怪物語」(NHK・猫を抱く少年役)、映画「あの日のオルガン」(坂本まこと役)、「この道」(北原隆太郎役)などに出演をしています。

2019年にはNHK朝ドラ「スカーレット」に出演をしています。この時に又野暁仁が演じたのは、ヒロイン喜美子の息子・川原武志の幼少期役でした。

武志は時折おねしょをしますが元気いっぱい。幼くしてすでに粘土で造形物を作成するなど、後に陶芸家へと成長する片鱗を見せています。

ちなみに武志役は成長とともに子役の中須翔真(なかす・とうま)に引き継がれていますが、この中須翔真は「おちょやん」では喜劇界のプリンス・天海一平の少年期役を演じています。

スポンサーリンク


PAGE TOP ↑