「おちょやん」女優・ミカ本田役でファーストサマーウイカが出演

NHK連続テレビ小説「おちょやん」に、タレントとして活躍するファーストサマーウイカが出演します。

この記事では、ファーストサマーウイカが演じる役柄と、ファーストサマーウイカのドラマ出演歴などをまとめます。

スポンサーリンク

目次

ハリウッド帰りの女優 ミカ本田役

ファーストサマーウイカが演じるのは、ヒロイン・千代が鶴亀撮影所(鶴亀映画 京都撮影所)の映画監督・ジョージ本田の妻で、ハリウッド帰りの女優・ミカ本田役です。

派手な洋装姿で撮影現場に登場したミカ本田は、「ハリウッドのチェリーパイが懐かしいわー!」などと怪しげなカタカナ英語を繰り出し、夫のジョージと腕を組んでラブラブぶりをアピール。二人の付き人を従えていることからも、それなりに売れっ子の女優のようです。

ミカ本田は、高城百合子が突然降板する「太陽の女カルメン」という作品に代役で主演をすることになります。

朝ドラ初出演 ファーストサマーウイカ

バラエティー番組でそのキャラクターや話術が人気となり、2019年以降は各方面で引っ張りだことなっているファーストサマーウイカ。大阪市出身の30歳です。

タレントとしての活動が目立つファーストサマーウイカですが、もともとは「劇団レトルト内閣」に所属する演劇人。アルバイトなどでお金を稼ぎながら小舞台に出演し、俳優としての経験を積んできました。

その後、アイドルグループ「BIS」に参加し(現在の芸名「ファーストサマーウイカ」もこの時から)、音楽グループ「BILLIE IDLE」にも参加。音楽活動と俳優活動を並行して行っています。

2019年にタレントとしてブレイクして以降は、俳優としての仕事も入り始めています。

TBSの人気ドラマ「凪のお暇」に「1話ごとに異なる役柄」でレギュラー出演。「開運商法の女」「クラブのギャル」「宅配業者」などを次々に演じ、毎週視聴者を楽しませています。

2020年には「おカネの切れ目が恋のはじまり」に経理部の主・鴨志田芽衣子役でレギュラー出演。本来であれば物語終盤のキーパーソンとなる役柄でしたが、残念ながら三浦春馬の死去によりドラマは完遂されず。短い放送とはいえ、ファーストサマーウイカは持ち前の存在感を見せています。

スポンサーリンク

NHKオンデマンドを試すなら、U-NEXT無料トライアルで!

U-NEXTの31日間無料トライアル登録で、1,000円分のポイントが無償でもらえます。このポイントをつぎ込めば、NHKオンデマンド・見放題パック(月額990円)が最大1ヶ月お試しで楽しめます。

シェアお願いします
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる