「ラジエーションハウス」軒下の初恋相手・蛭田真貴 演じるのは女優・松本若菜

スポンサードリンク

フジテレビ月9ドラマ「ラジエーションハウス」第7話(5月20日放送)で登場する軒下吾郎の初恋の女性・蛭田(旧姓・花村)真貴についてまとめます。

蛭田真貴役を演じるのは、女優の松本若菜です。

軒下の初恋相手・真貴

第7話では、軒下吾郎(浜野謙太)の中学時代の同級生で初恋相手である蛭田真貴(松本若菜)が登場します。真貴は人間ドックで胸にしこりが見つかり、夫・志朗(篠原篤)とともにが天春総合病院の乳腺外科を訪れます。

マンモグラフィー検査の結果、真貴のしこりに悪性腫瘍の疑いが浮上。再検査が二ヶ月後に行われると知った志朗は、何とか早めることは出来ないかと旧友の軒下に泣きつきます。

軒下は、卒業アルバムに自らの夢を「医者になること」と書いていましたが、実際に就いたのは放射線技師。憧れの真貴に「夢、叶えたんだね。医者になるって」と言われた軒下は、本当のことを言えずに…。

女優・松本若菜

▼テレビ東京ドラマ「さすらい温泉 遠藤憲一 第8話」では、「ラジエーションハウス」にも出演している遠藤憲一と共演。

初恋の相手・蛭田真貴役を演じるのは、鳥取県米子市出身の35歳の女優・松本若菜(まつもと・わかな)です。

高校時代からその美貌は地元でも注目され、仕事で鳥取を訪れていた芸能事務所「オフィスウォーカー」社長と同事務所の女優・奈美悦子から直接スカウトを受けましたが、この時は芸能界入りを断り、高卒後は地元で社会人として働いています。

その後、広い世界を知りたくなり「オフィスウォーカー」に連絡を入れ芸能界入り。22歳で上京をしています。

2007年、「仮面ライダー電王」(テレビ朝日)の野上愛理役で女優デビューを果たすと、2008年にはTBS赤坂サカスのイメージキャラクター「赤坂なでしこ娘」に選ばれています。

2009年の映画「腐女子彼女。」では白崎ヨリコ役で初主演(ダブル主演)を務め、東京国際映画祭(日本映画・ある視点部門)ほか数々の国際映画祭に招待された映画「はなればなれに」でもナナ役を好演。

テレビドラマ「花嫁のれん(第2シリーズ)」(2011年・東海テレビ)の湯原千里役、「コウノドリ(第2シリーズ)」(2017年・TBS)の倉崎恵美役、「チア☆ダン」(2018年・TBS)の准教授・漆戸今日子役など、人気作にも多数出演。脇役を中心に多数の映像作品に出演し続けている女優です。

▼関西テレビ「僕らは奇跡でできている」では高橋一生とも共演。


「ラジエーションハウス」軒下吾郎役 浜野謙太は俳優でミュージシャン

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


朝ドラ、NHK番組の見逃しはU-NEXTがおすすめ!
PAGE TOP ↑