【スカーレット第17週】大久保さん、ちや子、雄太郎ら大阪編・荒木荘メンバー再登場

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「スカーレット」第17週(1月27日〜)に、大阪編で人気となった荒木荘の大久保さん、ちや子、雄太郎らが登場します。

荒木荘のメンバーが登場する放送日、登場するシチュエーションなどをまとめます。

大久保さん、ちや子の登場日はいつ?

第16週の最後に放送された次週予告でも話題になりましたが、第17週では懐かしい荒木荘の人々が登場します。

NHKの番組表が公表している第17週・荒木荘関連の出演者、出演日は以下の通り。

元新聞記者・庵堂ちや子(水野美紀)…1月30日(木)〜2月1日(土)

俳優志望・田中雄太郎(TKO・木本武宏)…1月31日(金)〜2月1日(土)

元女中・大久保のぶ子(三林京子)…2月1日(土)

「歌える喫茶さえずり」マスター(オール阪神)…2月1日(土)

登場シチュエーションは?→喜美子、久しぶりに大阪へ

第17週では、穴窯の作業に熱中しすぎ、失敗を繰り返して家のお金を使い果たしてしまう喜美子の姿が描かれます。

八郎は家族のために一度窯焚きを止めるように喜美子に助言しますが、喜美子はこれを聞かず。ついには八郎が呆れ果てて家を出て行ってしまうなど、喜美子の行き過ぎた情熱により、家族はバラバラになってしまいます。

それでも失敗を繰り返す喜美子を見かねた百合子の気遣いもあり、喜美子は気分転換のために武志を連れて大阪に出かけることになります。

久しぶりの大阪を一通り観光した後、喜美子は「女性の待遇改善を訴える地域活動」を手伝っているという庵堂ちや子の事務所を訪ねることになります。

歌手「信楽太郎」として成功している雄太郎

ちや子との久しぶりの再会を喜ぶ喜美子。そして、ちや子の言われるままにラジオ放送に耳を傾けてみると、なんと雄太郎の歌声がラジオから流れてきます。

雄太郎は、喜美子がかつて提案した「信楽太郎」の芸名(11月7日、第34回で提案)で歌手転向をしており、地道な活動の末に成功を掴んでいたのです。雄太郎の歌声により、喜美子は心が離れてしまった八郎のことを思い涙を流します。

大久保さん、マスターとも再会か

そして喜美子は、多感な時期に大きな影響を受けた「人生最初の師匠」大久保さんとも再会することになります。大久保さんは悩める喜美子を励ますために喜美子を訪ねてきてくれる(ちや子が呼んでくれる)とのことで、恐らくこのシーンで雄太郎、そして「歌える喫茶さえずり」のマスターとも再会することになりそうです。

第17週の出演者一覧を見る限り、羽野晶紀(荒木荘のオーナー・荒木さだ)、溝端淳平(喜美子の初恋の相手・酒田圭介)の名前は記載されていませんが、果たして…。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑