【スカーレット第21週】大野家スピンオフ週間 脚本は「二番さん」三谷昌登が担当

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「スカーレット」第21週(週タイトル「スペシャル・サニーデイ」)で、朝ドラのレギュラー放送としては異例といえる「スピンオフ週間」が設定されることが話題となっています。

また、劇中で「二番さん(池ノ内)」役を演じた俳優・脚本家の三谷昌登がこの週の脚本を担当するとのことで、こちらも新しい試み。これまでとは違う「スカーレット」が見られそうです。

大野家スピンオフ週間「スペシャル・サニーデイ」 喜美子は登場せず?

第21週の週タイトルは、「スペシャル・サニーデイ」。NHK番組表による2月24日(月)のあらすじは以下のようになっています。

商店街の福引きで温泉旅行を当てた信作(林遣都)。百合子(福田麻由子)と子供たちを連れて行こうとしたところ、大野(マギー)から待ったをかけられる。自分にも温泉に行く権利があると言う父に対し、信作はノーを突き付ける。だが百合子が日ごろの感謝から、両親に譲ろうと提案。翌日、子供たちを連れて大野夫妻が温泉に。信作と百合子はカフェの店番をすることに。信作が慣れないながらマスターぶりを発揮していると最初の客が

第21週は、両親と子供たちが温泉旅行に出かけ、喫茶「サニー」の店番を任された大野信作・百合子夫妻が主役。

主演の戸田恵梨香はしばらく登場しないらしく(NHKが掲げる「働き方改革」の一環で一週休み?)、脚本も水橋文美江氏ではなく、フカ先生の弟子「二番さん(池ノ内)」役で出演している三谷昌登が担当するようです。

気になるあらすじですが、信作と百合子が四苦八苦しながら切り盛りする「サニー」に熊谷敏春(本田大輔)、照子(大島優子)、そして百合子の同級生だという近藤(中山義紘)らが来店。本編では描かれていなかった信作と百合子の夫婦関係などが描かれそうです。

▼百合子の同級生・近藤も登場。演じるのは「ごちそうさん」の諸岡さん役で知られる中山義紘。
【スカーレット】百合子の同級生・近藤 演じる俳優・中山義紘は朝ドラおなじみ

脚本家としても活動 三谷昌登

第21週の脚本を担当するのは、フカ先生の弟子・二番さん(角刈りでぽっちゃりしている方)を演じている京都市出身の42歳の俳優・三谷昌登(みたに・まさと)です。

俳優として活躍を続ける三谷昌登ですが、脚本家としての顔も見せています。朝ドラ「あさが来た」のスピンオフドラマ「割れ鍋にとじ蓋」の脚本を担当したほか、「西郷どん」にも脚本協力として参加。ほかにNHK「中学生日記」、関西テレビ「誰も知らないJ学園」などの脚本も担当しています。

ここのところ少しストーリーに煮詰まりを見せていた「スカーレット」ですが、三谷昌登が「スピンオフ週間」の脚本を担当することで、新しい風が吹きそうです。

▼俳優・三谷昌登のプロフィール

NHK大河ドラマ「篤姫」(2008年)の江戸の瓦版売り・千吉役、「西郷どん」(2018年)の勅使・柳原前光役、NHK時代劇「ちかえもん」(2016年)の天満屋手代・銀介役、NHKドラマ「バカボンのパパよりバカなパパ」(2018年)、テレビ朝日系ドラマ「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」(第6期・2109年)の東帝大学病院医局員・蟹江旬役など、複数のテレビドラマに出演。

NHK朝ドラも「だんだん」(2008年)の老舗呉服問屋番頭・酒井伸一役や「ウェルかめ 」(2009年)の教師役のほか、「ごちそうさん」(2103年)では西門家にガスを無料で設置しに来るガス屋・吉村役、「とと姉ちゃん」(2016年)ではヒロインが立ち上げた出版社で働く社員・扇田弘栄役で出演。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク

PAGE TOP ↑