【スカーレット】陶工・十代田八郎 演じる俳優は松下洸平

スポンサードリンク

NHK連続テレビ小説「スカーレット」に登場する重要人物・十代田八郎(そよだ・はちろう)についてまとめます。

また、八郎を演じる俳優、シンガーソングライターの松下洸平について簡単なプロフィールをまとめます。舞台で富田靖子と二人芝居を行ったことでも知られます。

若き陶工・十代田八郎 喜美子の〇〇に…?

十代田八郎が登場するのは11月20日放送・第45回のラストシーンから。八郎は、会社の若返りを図る照子の夫・敏春(本田大輔)が新たに採用した三人の新入社員のうちの一人として、丸熊陶業にやってきます。

八郎は喜美子と同じ大阪の出身。京都の美術大学で陶芸の奥深さを知り、学生に陶芸を教えていたところを丸熊陶業を紹介され、信楽にやって来ます。

誰に対しても誠実で愛情深い八郎ですが、少し間が抜けておりユーモアもあわせ持つ、不思議な青年です。八郎は陶芸家としての成功を夢見て仕事に邁進していく中で、次第に同僚・喜美子と価値観を共有。二人は互いに男女として意識し合う関係になっていきます。

事前情報によれば、八郎は喜美子の人生に大きな影響を与える重要人物とのこと。果たして八郎が喜美子にとって「運命の人」となるのか、注目されます。

俳優・歌手 松下洸平 朝ドラ初出演


十代田八郎を演じるのは、東京都出身の32歳の俳優、シンガーソングライター・松下洸平(まつした・こうへい)です。

母が画家であったこともあり幼少期から音楽や芸術に触れて育つと、2008年からペインティング・シンガーソングライター「洸平」の名義で音楽活動等を展開しています。

2009年には子供向け番組「Beポンキッキ」(BSフジ)のエンディングに出演し、オリジナル楽曲「おはよう おやすみ」が挿入歌として使用されています。

▼CDデビュー曲「STAND UP!」は、ニッポン放送「THEラジオパーク in 日比谷」のテーマソング(2008年)になっています。

舞台「母と暮せば」で富田靖子と共演

2010年頃からは本名である松下洸平を名乗り、俳優としての活動を本格化。舞台やミュージカル作品、テレビドラマなどに多数出演しています。

2018年の舞台「母と暮せば」では、スカーレットでも共演する富田靖子と二人芝居を展開。平成30年度文化庁芸術祭演劇部門にて新人賞を受賞しています。この時は富田靖子が母・福原伸子役、松下洸平が息子・福原浩二役を演じたのですが、もし「スカーレット」で喜美子と八郎が結婚することになれば、マツ役を演じる富田靖子と再び「親子共演」をすることになります。

テレビドラマは、「もう一度君に、プロポーズ」(2012年・TBS)、「カラマーゾフの兄弟」「家族の裏事情」(2013年・フジテレビ)、「サバイバル・ウェディング」(2018年・日本テレビ)、「ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜」(2019年・フジテレビ)などに出演。

NHK関連ではドラマ「いつか陽のあたる場所で」(2013年)、「ダークスーツ」(2014年)、「捜査会議はリビングで!」(2018年・BSプレミアム)に出演していますが、連続テレビ小説は今回が初出演となります。

これまで何度も朝ドラのオーディションを受けては落ちてきたそうで、「スカーレット」のクランクイン初日は緊張で何も覚えていないとか。撮影では戸田恵梨香の聡明な芝居に刺激を受けているとのことで、少しずつ緊張感が取れていくであろう松下洸平の演技の変化にも注目です。

関連記事
【スカーレット】女性絵付師・ミッコー 「ミッチー・ブーム」にあやかる
「スカーレット」ヒロイン・喜美子の結婚相手は?イケメン俳優が続々出演
【スカーレット】丸熊陶業の社員、関係者まとめ
【スカーレット】しがらき火まつり ロケ地「陶器神社」(愛宕山)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク


朝ドラ、NHK番組の見逃しはU-NEXTがおすすめ!
PAGE TOP ↑